デトマソ、軽量ボディに900馬力V12搭載…新型ハイパーカーはサーキット専用

デトマソ P72(参考)
  • デトマソ P72(参考)
  • デトマソ P72(参考)
  • デトマソ P72(参考)

デトマソ・アウトモビリ(De Tomaso Automobili)は11月29日、サーキット専用の新型ハイパーカー『P900』をワールドプレミアした。

デトマソは1959年、イタリアに設立された名門ブランド。1971年に発表したスーパーカー『パンテーラ』が有名だ。しかし、2003年に創始者のアレハンドロ・デトマソ氏が死去したのを受けて、会社としてのデトマソは2004年に解散している。その後、デトマソの権利を受け継ぐ形で、デトマソ・アウトモビリが設立された。2019年、創業60周年に合わせて、デトマソ『P72』を発表している。

今回発表されたP900は、P72をベースにしたサーキット専用モデルだ。車名の「900」とは、車両重量が900kg、V型12気筒ガソリンエンジンの最大出力が900hp、という2点に由来している。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集