マツダ『ロードスター』次期型「NE」を初スクープ!ボディはワイド化、MHEV+スーチャー搭載も!?

マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • Spyder7が予想する次期型『ロードスター』の姿
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

マツダを代表するライトウェイトスポーツ『ロードスター』次期型の開発がいよいよスタートしたようだ。そのプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて激写。世界が注目する「NE」ロードスターの姿とは。

初代ロードスターは1989年に登場、「ユーノス店」第一弾モデルとして『ユーノス ロードスター』(NA型)の名称で発売。1998年にデビューした2代目(NB型)では『マツダ ロードスター』に変更、2005年にはプラットフォームを刷新した3代目(NC型)が発売。現行モデルである4代目(ND型)は2015年に登場している。すでに発売から7年が経過し、次期型「NE型」の開発がスタートした。

マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

捉えたプロトタイプは、現行モデルのNDのボディを装着したテストミュールだ。ノーズに微妙なカモフラージュが施され、現行型のフェイスリフトを装っている。しかし騙されてはいけない。グリルをはじめ、ヘッドライト、スリムなコーナーエアインテークなどのパーツは一切変更されていない。

一方でよく見ると、リアフェンダーがワイド化されていることがわかる。後輪のすぐ前を走る配線はこれがフェイスリフトではなく、次期型の初期プロトタイプである可能性を示す。ワイド化される後輪のトラクションなどのデータを収集しているのだろう。次期型「NE」は、同じホイールベースを維持しながら、より広いスタンスを特長とするスポーツカーになると思われる。

マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)マツダ ロードスター 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

マツダは次期型「NE」に、独自の後輪プラットフォームを採用し、ガソリンエンジンを搭載することをアナウンスしており、フルエレクトリック(BEV)化はない。「SPCCI」(火花点火制御圧縮着火)を実現した2.0リットル直列4気筒エンジン「SKYACTIV-X」に48Vマイルドハイブリッドを組み合わせ、さらにスーパーチャージャーを搭載する可能性もあるという。

ロードスター次期型のワールドプレミアは、2024年内が有力とみている。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集