メルセデスAMG『SL』、電動モデル第2弾はPHEVの「SL53」か?

メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真
  • メルセデスAMG SL53 スクープ写真

2021年10月に登場した新型メルセデスAMG『SL』に、PHEVモデルが設定されることが判明した。スクープサイト「Spyder7」がプロトタイプ車両の姿を捉えた。

SLはこのフルモデルチェンジを機に、ハイパフォーマンスブランドであるAMGの専用モデルとなった。デビュー当初は4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する『SL55 4MATIC+』のみを設定。2022年4月には、SL初の電動モデルとなる『SL43』を設定、パワートレインは2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載、最高出力381psを発揮する。

メルセデスAMG SL53 スクープ写真メルセデスAMG SL53 スクープ写真

オーストリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌード状態だ。フロントバンパーには、「SL43」と差別化されたメタリック仕上げの台形エアインテークを配置、その両サイドには「SL43」より大型の給気口が確認できる。またパナメリカーナグリルの向かって右には「AMG」のロゴも見える。

足回りには5対のスポークを備えたホイールが装着されているが、これはAMGブランドのものではないため、テスト用と思われる。リアにはクワッドエキゾーストパイプを装着。右テールライト下にある黒いテープは、充電口を隠していると思われる。

このPHEV版SLの正式な車名は不明だが、「SL53」という名が有力候補となっており、「SL55」と「SL43」の間を埋めるモデルとなる可能性がある。

メルセデスAMG SL53 スクープ写真メルセデスAMG SL53 スクープ写真

パワートレインも断定はできないが、SL43の2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンに高出力モーターを組み合わせるものと思われる。

また、今回のモデルとは別に、最強モデル「SL63」が計画されており、こちらは4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、モーターと組み合わせることで最高出力は800psオーバーとも噂される。

いずれにせよ、メルセデスベンツを代表するスポーツモデルにも電動化の波が押し寄せていることは間違いない。PHEVとなるSL53のワールドプレミアは、2022年秋ごろと予想される。

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集