BMW『Z4』存続が確定!大幅改良でスープラ同様「6MT」搭載か?注目の次期型は

BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWの2ドア・ロードスター『Z4』の改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。存続の危機にあったとも言われるZ4が、息を吹き返す。

Z4は2016年に一度生産終了となった。しかし2019年、第3世代をトヨタと共同開発。トヨタ『スープラ』の兄弟モデルとして復活し話題となった。しかし、Z4はニッチなモデルであるがゆえ販売不振が続いており、改良も行われないまま生産終了の噂もあった。だがプロトタイプが出現したことで、存続が確定したといっていいだろう。

BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ミュンヘンで捉えたプロトタイプは、ボディ全体をカモフラージュ。しかし、エアロダイナミクスを向上させるであろう、より複雑な形状のエアインテークを備えるバンパーが露出している。

ヘッドライトとテールライト、ディフューザー、デュアルテールパイプなどは、現行モデルのコンポーネントだが、間違いなくLEDライト内部のグラフィックや、後部デザインが刷新されるはずだ。

低予算のためにキャビン内には最新BMW車のようなカーブド(湾曲)ディスプレイを採用しないとも噂される一方、最後の勝負に出るのではとも期待される。採用されるとなれば、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、14.9インチのインフォテインメントタッチスクリーンが1つのパネルにオールインワンされる。

BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW Z4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

パワートレインは、最高出力200psと255psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力340psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンがキャリーオーバーされる見込みだが、6速マニュアルを備えた直列4気筒「Z4 sDrvie 30i」に続いて、直列6気筒「M40i」にも6速マニュアルギアボックスが設定されると予想されている。これは、兄弟モデルであるトヨタ スープラが4月、直列6気筒モデルの「RZ」グレードに待望のマニュアルトランスミッション車を設定したことにより、Z4でも同様のアップグレードを受けるというものだ。

今後のZ4はどうなるか。BMWは2026年にも、2ドアクーペの『4シリーズ』と『8シリーズ』を、復活した『6シリーズ』と統合し、コンバーチブルモデルのラインアップをスリム化する計画をもっていると噂されている。そうなるとZ4の存続も危ぶまれるが、もし第4世代が発売されるなら、フルエレクトリック化される可能性がありそうだ。

いずれにせよ、Z4の命運はこの改良新型が握っていると言っていいだろう。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集