ホンダ CR-V 新型、史上最もパワフルなハイブリッド…米国発表

タフで洗練されたスタイリングを追求

スポーティかつモダンで広いインテリア

ハイブリッドシステム全体で204hpのパワー

ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)
  • ホンダ CR-V 新型(米国仕様)

ホンダ(Honda)の米国部門は7月12日、SUVの新型『CR-V』を発表した。

◆タフで洗練されたスタイリングを追求

ホンダ CR-V 新型(米国仕様)ホンダ CR-V 新型(米国仕様)

新型CR-Vは、上位SUV『パスポート』の「トレイルスポーツ」などからインスピレーションを得て、タフなエクステリアデザインを追求した。大型の直立したフロントグリル、長いボンネットフード、LEDヘッドライを装備する。力強い水平方向のベルトラインは、従来型よりも約70mm延びた全長を強調する。また、全幅は約10mm、ホイールベースは約40mm延びており、より強く、よりアグレッシブな存在感を発揮するという。

フロントガラスのピラーの位置を見直し、スポーティなプロポーションと視認性の向上を図った。Aピラーのベース部分は従来型に対して、後方に約120mm、外側に約70mm、下に約35mm移動している。これらの変更とドアに取り付けられたサイドミラーによって、視認性を大幅に向上させた、と自負する。

ハイブリッド車は、アグレッシブなスタイリングとした。フロントグリルはメッシュデザインで、グロスブラックのアクセントで強調されている。リアには、長方形のエキゾーストフィニッシャーを装備。専用のロアバンパーデザインは、「スポーツ」グレードはグロスブラック、「スポーツツーリング」はプラチナ仕上げだ。リアスポイラーの下側は、スポーツはマットブラック、スポーツツーリングはグロスブラックとした。アルミホイールは、スポーツがベルリナブラック塗装の18インチ10スポーク。スポーツツーリングは、ブラック塗装の19インチ5スポークを装着する。

◆スポーティかつモダンで広いインテリア

ホンダ CR-V 新型(米国仕様)ホンダ CR-V 新型(米国仕様)

インテリアは、上質な素材を用いながら、スポーティでモダンなホンダの新しいデザインの方向性を反映させた。新型は、前席と後席の間の距離が長くなり、後席の足元スペースも、従来型よりも約15mm拡大する。後席には、快適性を高めるために8段階のリクライニング調整機能が付く。

前席には、新開発のボディスタビライザーシートを採用した。長時間のドライブでの疲労を軽減する。ステアリングホイールの角度はセダンライクとなり、より快適でスポーティなドライビングポジションを追求した。前席の間のセンターコンソールには、9リットルの容量を持つクラス最大のカップホルダーが設けられる。

スポーツには、専用のブラックのモケットシートとブラックのトリムパネルを採用した。一方、スポーツツーリングには、ブラックまたはグレーのレザーシートとピアノブラックのトリムトリムを装着する。スポーツとスポーツツーリングには、ブラック仕上げのヘッドライナーや、シート、コンソール、ステアリングホイール、シフトレバーにオレンジのコントラストステッチが配された。

◆ハイブリッドシステム全体で204hpのパワー

新型CR-Vには、第4世代の2モーターハイブリッドシステムを採用した。エンジンはアトキンソンサイクルの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン。モーターは、従来型比で2kgm強力な最大トルク34.2kgmを引き出す。エンジンとモーターを合わせたハイブリッドシステム全体で、204hpのパワーを獲得する。従来型よりも3hp向上しており、ホンダによるとCR-V史上、最もパワフルという。

ハイブリッドシステムは、高速道路の速度域での洗練度を高めており、米国市場のSUVで重視される牽引性能は、初めて最大0.45トンを確保した。リニアシフトコントロールは、スロットル全開時、車速にリンクしたエンジン回転フィールを追求することにより、運転体験を引き上げているという。新しいハイブリッドシステムはまた、およそ140km/hから上の速度域において、加速性能を向上させた、としている。


ホンダ(Honda)発電機 エネポ EU9iGB 900VA
¥100,042
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集