VW初のEVセダン、『ID.エアロ』発表…航続620km

フォルクスワーゲン ID.エアロ(コンセプトカー)
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ(コンセプトカー)
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ(コンセプトカー)
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ(コンセプトカー)

フォルクスワーゲンは6月27日、ブランド初のEVセダンの『ID.エアロ』(Volkswagen ID. AERO)のコンセプトカーを初公開した。市販モデルは2023年から生産される予定だ。

ID.エアロは、流れるようなラインと充分なスペースを備えたダイナミックな4ドアセダンだ。ボディサイズは、全長が約5000mmで、最初に投入される中国市場では、アッパーミドルクラスに属する。フロントやルーフの空力デザインがエネルギー消費を削減し、航続を伸ばすのに役立つという。前面空気抵抗係数を示すCd値は0.23とした。

ID.エアロには、蓄電容量77kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。効率的なEVパワートレインと優れた空力特性のおかげで、1回の充電での航続は最大620kmに到達する、としている。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集