BMWのヘッドライト革命!? 新型『M2クーペ』の内外装が見えてきた

BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在、コンパクト2ドアスポーツカー『2シリーズ』に設定される最強モデル『M2クーペ』新型を開発中だ。ヘッドライトの形状が変わると見られていたが、その真実が明らかになった。

スクープサイト「Spyder7」が捉えた最新のプロトタイプ車両。軽くなったカモフラージュから見えてきたのは、ヘッドライトの内側に向かって配置されたエアベントだ。これが、これまでのプロトタイプで2シリーズクーペとは異なるヘッドライトを装備しているように見えた理由だ。最終的なコンポーネントかどうかは断定できないが、市販型に採用されれば大きなデザイン革命となりそうだ。

BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

それ以外では、大型のエアインテーク、幅広のフェンダー、アグレッシブなバンパーとサイドスカートを装備。後部では特徴的なMクワッドエキゾーストパイプがインストールされている。

初めて捉えたキャビン内には、巨大な湾曲したデュアルスクリーンのダッシュボードディスプレイが確認できる。通常の2シリーズがゲージクラスターとインフォテイメント用、2つのディスプレイを装備するのに対し、M2クーペでは『i4』や『iX』のような単一の湾曲したディスプレイとなるようだ。最新の「iDrive 8」オペレーティングシステムの搭載は間違いない。この最新レイアウトは、M2クーペ新型がデビューした後、追って2シリーズにも採用されることになるはずだ。

BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M2クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

パワートレインは、『M3セダン』や『M4クーペ』の3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンのデチューンバージョンを搭載。最高出力は410ps~420ps、「M2コンペティション」では450ps~470psを発揮。6速MTと、8速ATを設定することが期待されている。駆動方式は、後輪駆動となることはほぼ確定だが、全輪駆動の「M xDrive」が用意されるか注目だ。

M2クーペ新型は2022年12月から生産が開始される予定で、早ければ『M4 CSL』の5月20日デビュー直後にワールドプレミアされる可能性もありそうだ。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集