タイカンとの差別化は? ポルシェ パナメーラ 次期型のインテリアに迫る

ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ポルシェのスポーツセダン(4ドアクーペ)『パナメーラ』の次期型に関する最新情報をスクープサイト「Spyder7」がキャッチした。4ドアEV『パナメーラ』との差別化はどうなるのか。激写したインテリアの写真とともにその姿に迫る。

プロトタイプ車両のインテリアを見てまず気づくのは、シフトレバーが存在しないことだ。よく見ると、タイカンのようなトグルスタイルのシフターがインフォテイメントディスプレイの左側にある。しかし、電動パーキングブレーキはタイカンがその右側にあるのに対し、プロトタイプでは上部に配置されていることがわかる。

ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

また新しい「PCM6.0」インフォテインメントシステムを搭載、助手席グローブボックスには専用のスクリーンが装備されている。さらに、インフォテイメントディスプレイにパナメーラ次期型の画像が出現していることにも注目だ。

エクステリアでは、新開発のスリムな4点DRLを備えるヘッドライトを装備。Cピラーは完全に隠されている。側面では、新設計のドアハンドル、四角から円形に変更された給油口が確認できる。後部ではハッチバックの形状も新設計されていることがわかる。

ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ パナメーラ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

次期型のパワートレインは不明だが、タイカンとの差別化のためフルEV化がされないことは間違いない。おそらく、マイルドハイブリッド技術を搭載した、より強力な2.9リットルV型6気筒、及び4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載すると予想される。プラグインハイブリッドのE-Hybridについては、EV走行による航続を大幅に改善するため、より大型のバッテリーパックを搭載する可能性が高いという。

パナメーラ次期型のデビューは、2023年後半となるだろう。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集