セダン廃止説どうなる? VW『パサート』次期型、市販ボディをスクープ

VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

VWの欧州Dセグメントセダン&ワゴン『パサート』次期型を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。2月の段階では現行型ヴァリアントを用いたテストミュールだったが、今回は市販モデルのボディとなっている。

社内コード「B9」と呼ばれる次世代型は、セダンがラインアップから外れ、ワゴンのヴァリアントのみとなることが噂されている。EVセダンコンセプト「I.D. VIZZION」の市販モデルがパサートセダンの後継モデルとして設定されると見られている。

VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

捉えたプロトタイプは、コンポーネントデザインやスタイリングを刷新するが、デザインはパサートらしく保守的だ。フロント&リアエンドにはお得意のステッカーを貼り、新デザインをカモフラージュ。『ゴルフ8』に似たLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトが予想されている。

以前のプロトタイプでは継ぎ接ぎが見られたBピラーは修正され、ホイールベースが延長されている。注目はリアクォーターウィンドウ周辺で、現行型より丸みを帯び、Dピラーが傾斜を持っていることが確認できる。市販型では「MQB」プラットフォームのアップデートバージョンを採用、ホイールベースが延長されるほか、トラックも拡大される可能性が高い。

VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)VW パサート 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

最後の内燃機関となる可能性があるパワートレインは、マイルドハイブリッドの支援を受け、さまざまなガソリン及びディーゼルエンジンが供給されると予想される。またプラグインハイブリッドもラインアップされる。

パサート次期型は開発初期段階とみられ、2024年モデルとして2023年内のワールドプレミアが予想されている。基盤を共有する第4世代のシュコダ『スペルブ』と合わせて、スロバキアのブラチスラバで生産予定となっている。またSUVテイストを盛り込んだ「オールトラック」バージョンの登場も期待できるだろう。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集