ケンウッド、360°撮影対応2カメラドラレコ発売へ…明るさ独立調整でリアスモークガラスにも対応

ケンウッド DRV-C770R
  • ケンウッド DRV-C770R
  • ケンウッド DRV-C770R
  • 4種類の画面表示モード

ケンウッドは、ドライブレコーダーの新ラインアップとして、360°撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-C770R」を2月下旬より発売する。

新製品は、フロント用360°撮影対応カメラと、後方撮影用リアカメラの2カメラを装備する。フロント用360°撮影対応カメラが前方と左右、および車室内の録画に対応。並走車による側方からの幅寄せや車内における万が一のトラブルなどを録画できる。リア用カメラは後方からのあおり運転などの録画に対応する。

前後2カメラには、暗いシーンの撮影に強いソニー製高感度CMOSセンサー「STARVIS」を搭載。ケンウッド独自の映像技術によるチューニングを行い、総合的に画質を向上させるとともに、明暗差の大きなシーンでも安定した映像で録画ができる「HDR機能」などの搭載により、鮮明で高画質な映像録画を実現する。さらに、前後2カメラの明るさをそれぞれ7段階で調整できる「明るさ調整機能」を搭載。リアガラスがスモークガラスの車でも、その透過率に合わせてリアカメラの明るさだけを設定できる。

さらに、車載電源ケーブル「CA-DR100」(別売)を使用することで、最長24時間のタイマー録画ができる「常時監視モード」と、衝撃を検知すると録画を開始する「衝撃検知録画モード」の2種類の駐車録画モードに対応する。

フロント用カメラには2.4型液晶画面を搭載。1画面(前方、車内、リアカメラ、左、右)、2画面(前方/リアカメラ)、4画面(前方/左/右/リアカメラ)、パノラマ(パノラマ/リアカメラ)の4種類の画面表示モードを切り替えて表示できる。

サイズはフロントカメラがW74mm×H86.7mm×31.2mm、リアカメラが60mm×25mm×29mm。市場推定価格は4万0700円前後。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース