日本導入はあるか? ルノー カジャー 後継「オーストラル」、日産e-POWER搭載はどうなる

ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ルノーは12月6日、新型クロスオーバーSUVの車名が『AUSTRAL』(オーストラル)になることを発表したが、そのプロトタイプの実車をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

「南方」を意味するオーストラルは、2018年から2019年に日本市場にも導入されていた『カジャー』の後継モデルとなる。だが、全長はカジャーの4450mmから4510mmへと拡大し、欧州CセグメントのクロスオーバーSUVとして誕生する。

ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

スペインで捉えたプロトタイプは、カモフラージュが厳重ながら2021年の「IAAモビリティ」で初公開された電動モデル『メガーヌ E-TECHエレクトリック』を彷彿させるシャープなシルエットが見てとれる。フロントには上部グリルと下部グリルに垂直スラットを配置、スリムなヘッドライトは、メガーヌE-TECHに似たデザインが予想される。

側面では、コンパクトなウィンドウがダイナミックなイメージを与える。丸みを帯びたルーフエンドも特徴だ。後部ではLEDテールライトがかなり小さく見えるが、大部分が隠されているとみられ、実際はメガーヌE-TECHのようにテールゲートまで拡大されている可能性がある。

キャビン内は、大型タッチディスプレイやフルエレクトリック・インストルメントクラスターを搭載。トップエンドモデルでは縦型のディスプレイが標準装備となるほか、アンビエント照明や豪華トリムオプションも用意されるという。

ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

市販型ではルノー・日産・三菱アライアンスの「モジュラーCMF-C」プラットフォームのアップデートバージョンを採用、あらゆる形態のハイブリッドパワートレインに対応するとともに、日産『キャシュカイ』と兄弟モデルとなる。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン+デュアルモーターを搭載、最高出力160psが見込まれているが、最高出力190psを発揮するキャシュカイの「e-POWER」システムがどうなるか要注目だ。

オーストラルのワールドプレミアは近いとみられ、市販価格はカジャーより上昇すると予想される。カジャー後継として日本市場導入にも期待がかかる。

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース