VWグループ、EV向けバッテリーで3社と戦略的提携…電池の自社生産に向けて

EV向けバッテリーで戦略的提携を締結したユミコア社とVWグループの首脳
  • EV向けバッテリーで戦略的提携を締結したユミコア社とVWグループの首脳
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.4

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は12月8日、EVなどの電動車のバッテリーに関して、3社と戦略的提携を締結した、と発表した。

ユミコア社との戦略的提携では、フォルクスワーゲングループの欧州のバッテリーセル工場にカソード素材を供給するために、合弁工場を設立する。フォルクスワーゲングループは2025年から、ドイツ・ザルツギッター工場において、バッテリーセルを自社で量産することを決定している。

フォルクスワーゲングループは、合弁工場の生産能力を徐々に増強することを目指している。最終的な目標は、2020年代の終わりまでに、1年間で最大160GWh、約220万台のEV向けバッテリーを供給する生産能力を確保することだ。

24Mテクノロジー社との戦略的提携では、フォルクスワーゲングループは、バッテリー工場向けの最先端の生産技術を開発する。目標は、自動車用バッテリーの分野で、ドライコーティングプロセスを進化させた半固体プロセスを実用化することにあるという。

このプロセスが実用化されれば、バッテリー工場の面積が最大40%削減され、投資が大幅に節約される。また、製品のリサイクルがより効率的になり、バッテリー生産におけるCO2排出量も削減されることが見込まれる。

ヴァルカン・エナジー・リソース社との戦略的提携では、ドイツ・ライン渓谷から、CO2を含まないリチウムの供給を受ける契約を交わした。契約では2026年から5年間、水酸化リチウムの供給を受ける。これにより、ドイツを含めた欧州で、将来の自社でのバッテリーセル生産時に、フォルクスワーゲングループの需要を確保することにつながる、としている。


イードが運営する自動車ニュースメディア『レスポンス』では、海外情報(主に中国・アジア)のニュースを担当できる外部ライター、編集者を募集しています。ご興味のある方は、募集要項をご確認のうえ、ご応募ください。応募締め切りは2021年12月28日(火)。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース