スバル クロストレック、2種類のボクサー搭載…2022年型を米国発表

最大出力152hpの2.0リットルボクサー搭載

「スポーツ」には最大出力182hpの2.5リットルボクサー

装備充実の最上位グレード「リミテッド」

スバル・クロストレック(日本市場のXVに相当)
  • スバル・クロストレック(日本市場のXVに相当)
  • スバル・クロストレック
  • スバル・クロストレック
  • スバル・クロストレック
  • スバル・クロストレック
  • スバル・クロストレック
  • スバル・クロストレック (日本市場のXVに相当)のスポーツ
  • スバル・クロストレックのスポーツ

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは11月12日、『クロストレック』(日本名:『XV』に相当)の2022年モデルを発表した。米国ベース価格は、2万2445ドル(約256万円)だ。

SUVデザインは健在だ。ブラックの17インチアルミホイール、ルーフレール、ブラックサイドクラッディング、グロスブラックのルーフスポイラーを装備した。タフな外観は、最低地上高220mmを備えた高機能シャシーと組み合わせられ、都市走行でもオフロード走行でも優れた実用性を発揮するという。

最大出力152hpの2.0リットルボクサー搭載

全車に「STARLINK」タッチスクリーン付き6.5インチマルチメディアシステム、グーグルの「Android Auto」とApple の「CarPlay」、60対40の分割式リアシート、燃費情報付きのマルチファンクションディスプレイ、キーレスエントリー、エンジンイモビライザー付きセキュリティシステムが装備される。キャビンは、センターダッシュパネルとフロントとリアのドアパネルにブラックのカーボンファイバー調仕上げが施された。

「プレミアム」グレードには、STARLINKの6.5インチマルチメディアプラスが追加される。デュアルUSBポートも装備している。オプションで、「レーンチェンジアシスト」と「リアクロストラフィックアラート」によるブラインドスポット検出が行える。

クロストレックには、主要グレードに2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを引き続き搭載する。最大出力は152hp、最大トルクは20kgmを引き出す。トランスミッションは6速MTが標準だ。オプションで、CVTの「リニアトロニック」が用意される。CVT搭載車の米国EPA(環境保護局)予想高速燃費は、およそ14km/リットルを実現している。スバル・クロストレックスバル・クロストレック

すべてのCVT搭載モデルは、ステアリングホイールにパドルシフトが付き、8速マニュアルモード機能を備えている。「X-MODE」と「ヒルディセントコントロール」も標準だ。ベースモデルには、ローシフトモードを備えており、坂を下るときのコントロール性能を引き上げる。

「スポーツ」には最大出力182hpの2.5リットルボクサー

「スポーツ」では、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンが最大出力182hp、最大トルク24.3kgmを引き出す。他のグレードの2.0リットルの最大出力152hp、最大トルク20kgmに対して、30hp、4.3kgmパワフルとなる。トランスミッションは、CVTのリニアトロニックで、駆動方式はアクティブ・トルク・ベクタリング付きのシンメトリカルAWDだ。米国EPA(環境保護局)の予想燃費は、高速で約14.5km/リットルとした。

スポーツは、専用仕上げのフロントグリル、ドアミラー、エンブレム、アルミホイールを装備する。ガンメタ仕上げのエクステリアディティールが特長だ。スポーツのインテリアは、ガンメタとカーボンファイバーのアクセントが添えられた。イエローのステッチや撥水性のある「StarTex」素材がシートに使用される。

スポーツには、ヒルディセントコントロール付きの2モードのX-MODEを、クロストレックシリーズで唯一搭載する。X-MODEは、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで、悪路からのスムーズな脱出を実現するシステムだ。

雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時は「SNOW・DIRT」モード、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まるような道では「DEEP SNOW・MUD」モードを設定。スイッチ操作で、モードを選択するだけで、さまざまな道を安心して走行できる。また、下り坂などで車速が急に上がってしまうような場面では、ヒルディセントコントロールが作動。ブレーキ操作に気をつかう雪道や砂利道の下り坂などにおいて、一定の車速を維持しながら下ることができる。スバル・クロストレックスバル・クロストレック

装備充実の最上位グレード「リミテッド」

最上位モデルの「リミテッド」グレードには、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は、スポーツと同じく、182hpを引き出す。

リミテッドは、ブラックの専用18インチアルミホイール、ウインカー付きのボディ同色ドアミラーを備えている。「ハイビームアシスト」も標準だ。レーンチェンジアシストと、リアクロストラフィックアラートによるブラインドスポット検出も標準装備されている。

また、リミテッドには、LEDステアリング連動ヘッドライト、LEDデイタイムランニングライト、LEDフォグランプが標準装備される。STARLINK 8.0インチマルチメディアプラスシステムと、カラーLCD付きのマルチファンクションディスプレイも採用した、としている。スバル・クロストレックスバル・クロストレック

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース