10年ぶりの大刷新で『マツダ6』は何が進化する? 目玉は直6・FRと電動化

マツダのフラッグシップ4ドアサルーン、『マツダ6』次期型の最新情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。

2002年、マツダは代名詞であった『カペラ』の名称を『アテンザ』へ変更。2019年のフェイスリフトを機に「マツダ6」へ車名が統一された。次期型は、マツダ6としては初のフルモデルチェンジとなる。いずれにしても10年ぶりの大刷新となり、満を持しての登場となりそうだ。

マツダは2021年6月17日、2022年から2025年までにハイブリッドとプラグインハイブリッドを各5車種、EV3車種の世界市場投入を発表。さらに2025年以降、独自のEVプラットフォームとして「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」を導入すること、2022年にはクロスオーバーSUV『CX-5』と、マツダ6次期型を投入することが発表された。

ガソリンエンジン・プラグインハイブリッドのラージ群プラットフォームガソリンエンジン・プラグインハイブリッドのラージ群プラットフォーム写真をすべて見る
また縦置き直列6気筒エンジンを搭載するFRプラットフォーム「Largeアーキテクチャ」に48Vマイルドハイブリッドが組み合わされこともアナウンスしており、これがマツダ6次期型、及びCX-5後継モデルに搭載されると予想される。

マツダ6次期型は、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ「SKYACTIV-X」+48Vマイルドハイブリッド、3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボ「SKYACTIV-D」+48Vマイルドハイブリッドをラインアップするほか、初のプラグインハイブリッドなど電動化に特化するモデルとなる。

マツダ6 次期型の予想CGマツダ6 次期型の予想CG写真をすべて見る
エクステリアデザインは、『コンセプト・ビジョンクーペ』をベースに、ハイソカー的要素満載のシルエットに変貌する。タイヤハウスの膨らみやサイドラインは、面構成で立体的でグラマラスで美麗なデザインが予想される。またフロントはこれからのマツダのトレンドともなる、薄型でシャープなグリルデザインになる。アンダー周りは、マツダの特徴であるハの字型デュフューザー、それに合わせたデザインのアンダーグリルが装備される可能性がありそうだ。

マツダ6次期型のデビューは、2022年前半と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》
【画像】10年ぶりの大刷新で『マツダ6』は何が進化する? 目玉は直6・FRと電動化(8枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース