AMGの主役はV8からデュアルモーターへ!? 電動セダン「EQE 53」をスクープ

メルセデスAMGは、「IAAモビリティ2021」にて高性能フラッグシップEVセダン『AMG EQS 53』を発表したが、その弟分となる高性能ミドルサイズEVセダン『AMG EQE 53』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

IAAモビリティ2021では、AMG EQE 53と同時に『EQE』のベースモデルが初公開されたが、今回のスクープはその高性能バージョンだ。

捉えたプロトタイプは、カモフラージュが厳重ながら、ボディがローダウンされている様子が伺える。また足回りには、AMG EQS 53から流用されているように見える、ツートンカラーの大径マルチスポークホイールを装着したロープロファイルタイヤが確認できるほか、ゴールドキャリパー付きセラミックブレーキが装着され足回りが強化されている。大型のリアスポイラーが装着されている点にも注目だ。

EQS 53はEQSをベースに開発されているが、EQE 53は車名の通りEQEがベースとなる。ボディサイズは全長4934mmのEQSプラットフォームのショートバージョンを採用、EQS 53と非常に似たデザインで、ICE搭載の『Eクラス』より空力的シルエットとプロポーションが特徴だ。

AMG EQS 53のデュアルモーターセットアップでは、最高出力658ps、最大トルク950Nmを発揮。オプションの「AMGDynamicPlusパッケージ」をセレクトすれば最高出力は761ps、最大トルクは1020Nmまで高められる。対するAMG EQE 53は、同じくデュアルモーターを搭載、最高出力は671psが予想される。

市販型のワールドプレミアは、2022年前半に期待されており、非AMGバージョンと一緒に2022年後半から生産が開始される予定となっている。長年親しまれ、AMGの心臓部を支えてきた「V型8気筒」の時代から、いよいよ本格的エレクトリックパワートレインの時代へ移り変わるときが来たようだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》
【画像】AMGの主役はV8からデュアルモーターへ!? 電動セダン「EQE 53」をスクープ(23枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース