カワサキ『Z900』、ニューグラフィック発表、上位モデル「Z900 SE」も2022年春導入へ

カワサキモータースジャパンは、スーパーネイキッド『Z900』のニューグラフィックを11月26日より発売する。

Z900は、コンセプトである「エキサイティング&イージー」な走りとアグレッシブな「Sugomi」デザインを合わせ持つスーパーネイキッド。力強く吹け上がる並列4気筒エンジンにKTRCとパワーモードを組み合わせたインテグレーテッドライディングモード、新型TFTカラー液晶メーター、スマートフォン接続機能、全灯LED、よりクリーンな排出ガスといった先進装備を採用することで、リニアに反応するエンジン特性と優れた操作性を発揮する。

2022年モデルでは、カラー&グラフィックを変更し、パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレーを設定した。価格は114万4000円。

また、カワサキモータースジャパンはZ900のニューグラフィックに加え、ハイグレードモデル『Z900 SE』の国内導入を発表。2022年春頃の発売を目指し、調整を進めている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース