ポルシェ、次世代リチウムイオンバッテリーをBASFと共同開発へ

ポルシェ(Porsche)は6月21日、次世代リチウムイオンバッテリーセルを、化学メーカーのBASFと共同開発すると発表した。

BASFは共同研究の一環として、高速充電と高エネルギー密度を可能にする高性能バッテリーセル向け高エネルギー「HEDTM NCM」カソード材を、独占的に供給する。リチウムイオンバッテリー用のニッケルベースの高エネルギー高出力なカソード材は、EVやポータブル機器に適しているとされる。

BASFは2022年から、フィンランド・ハルジャバルタのカソード材の一次製品製造施設と、ドイツ・ブランデンブルク州シュヴァルツハイデのカソード材製造施設において、低カーボンフットプリントのバッテリー素材の生産が可能になる。

ポルシェは2030年に、世界新車販売の80%以上を電動化する目標を掲げている。『タイカン』、『タイカンクロスツーリスモ』、次期『マカン』のEVなどの投入により、2025年に新車で販売される全ポルシェ車の半数を、電気モーター搭載車にする計画だ。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「バッテリーセルは未来の燃焼室。最も強力なバッテリーセルの開発において、世界的な競争の最前線に立つことができ、ポルシェ特有のドライビング体験と持続可能性を結びつけることができる。ポルシェはこのようにして、スポーツカーの未来を形作っていく」と語っている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース