ホンダ CR-V 次期型をスクープ!全市場に7人乗り設定、フルEV登場の噂も

ホンダのクロスオーバーSUV、『CR-V』次世代型プロトタイプをカメラが捉えた。

1995年に初代が登場したCR-Vは、2016年に日本での販売を終了するも、北米を中心に主力モデルの1つとして販売を牽引。2018年には2年ぶりに日本市場への復活を果たしている。

かなり望遠でのスクープとなった今回のプロトタイプ。厳重なカモフラージュが施されているが、現行型とは異なり全体的に角張った印象で、フードは長く平らにみえる。よりホイールベースが長いだけでなく、フロント及びリアオーバーハングも長く、大型化されている様子が伺える。

現行型では7人乗りは地域限定で販売されているが、次期型では全市場で提供される可能性がある。フロントエンドでは、『シビック』に似た鋭いヘッドライト、ハニカムメッシュのグリルが確認できる。

ホンダ CR-V 次期型プロトタイプ(スクープ写真)ホンダ CR-V 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
サイドビューでは、サイドミラーがAピラーの根元から後部へ移動、風切り音を減らし、空気抵抗を改善するためだろう。またドアハンドル上部のキャラクターラインはヘッドライトからテールライトまで伸びているほか、サイドオレンジマーカーが付いていることから、北米仕様であることもわかる。

後部からの写真では、ダッシュボードのセンターコンソールの上にタブレットスタイルのインフォテインメントがあるキャビン内を覗くことができる。インフォテインメントはわずかに角度が付けられ、センターコンソールに置かれている現行型とは対照的にタッチスクリーンは直立している。

パワートレインは直列4気筒を超えるサイズのエンジンが設定される可能性は低く、ハイブリッドのみのラインアップが予想されるが、新たにフルEVモデルの発売も噂されている。

CR-V次期型の開発はまだまだ初期段階。デビューは早くとも2022年後半となりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース