コンフォート性能とSUVらしさを追求したSUV専用タイヤ…ブリヂストンが『ALENZA LX100』説明会を開催

ブリヂストンは2021年1月19日に発表された、快適性を追求したSUV専用タイヤ「ALENZA LX100(アレンザ・エルエックスヒャク)」の商品説明会をオンラインで開催。2021年2月1日の発売に先駆けて、その詳細を公開した。

今回発売されるALENZA LX100は、オンロードSUV向けの新商品となる。国内のSUV市場は近年急拡大を続けており、なかでも市場の構成比率の大半を占めるオンロード系SUVやCUVに着目。セダンやミニバンの代替車両としてのSUVユーザーの主なニーズとなる、いわゆる乗用車向けとしての性能に応えられる価値を提供することを目的に開発された。

まずは社内でSUVタイヤブランドの見直しを実施し、オンロード系SUVモデルをALENZAブランドに統一。オフロードモデルをDUELERブランドとし、明確に棲み分けることで、ユーザーへ向けた分かりやすさを重視するラインナップとなった。

そして新たに追加されるALENZA LX100は、ALENZAブランドのなかでもオンロードコンフォートに位置付けられ、DUELER h/l 850の後継モデルとなる。従来モデルで好評を得た基本性能はそのままに、静粛性を大きく向上。ライフも向上させることで、経済的かつ環境負荷を低減した商品となった。

同社の乗用車向けフラッグシップタイヤブランドである「REGNO」にも採用する「3D抑制グルーブ」を搭載し、LX100用に最適化された「ダブルブランチ型消音器」を代表とする静粛性向上技術により、新品時のパターンノイズを従来品対比22%低減することに成功。さらに「シークレットグレーブ」を搭載することで、摩耗時も消音機能が持続し、従来品対比9%の低減を可能とした。

また、「3Dノイズカットデザイン」や「トレッド部のゲージの最適化」により、ロードノイズの静粛性を損なうことなく、オンロードSUVで特に気になりやすいパターンノイズの静粛性の向上も実現している。

高荷重によるふらつき対策としては、「SUV専用サイドチューニング」を採用し、タイヤのサイド部をSUVに合うように高剛性化することで対応。一般的にタイヤのサイド部を高剛性化することで、乗り心地が犠牲になる傾向にある点については、最新のハーシュネス対策技術により、路面の凹凸などの影響を低減し、コンフォートタイヤに相応しい乗り心地を実現した。

さらに、接地部に占めるグルーブを最適化することで接地圧を低減。同グルーブを均一化することでライフ性能を従来品対比5%向上させたことに加え、転がり抵抗を低減させ、一般社団法人 日本自動車タイヤ協会のグレーディングシステム(等級制度)に基づく低燃費タイヤのラベリングA-cを、全39サイズで達成している点もトピックだ。

そんなALENZA LX100の乗り心地について、実際に実車評価を行った、タイヤ開発部門 先進実車評価開発課長 田中 一樹氏は、次のように説明する。

「ALENZA LX100の是非体感して頂きたい性能としては、転がりだしてすぐに分かるマイルドさです。乗り心地として感じる振動も、聞こえてくる音も、どちらも転がりだしてすぐに、その心地よさを感じてもらえると思います。ゴムの性能だけに頼らず、パターン、構造、全体から接地性を改善し、どこかが突っ張るということもなく、きれいに転がっているということを感じ取れると思います。」

「走り出してからは、一般的なロードノイズではなく、パターンノイズに耳を傾けてみてください。どの速度域でも、このパターンノイズを見つけることに非常に苦労すると思います。」

「操縦安定性については、商品のコンセプトでもある快適性を表現するために、敢えてマイルドな味付けをしています。スポーツ志向の走りを求めるお客様にはALENZA 001を選択いただき、このLX100を選んで頂くお客様に向けては、マイルドでしっとりとした上質なハンドリングを提供いたします。」

コンフォート性能とSUVらしさを追求し、トータルバランスに配慮しながら静粛性を大幅向上させたSUV専用プレミアムコンフォートタイヤ、ALENZA LX100の発売サイズは195/80R15 96Sから285/40R22 106Wの39サイズ。価格は1万9030円から10万5270円となる。

《先川知香》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース