トヨタ ヤリス、4万5000台をリコール…ハイブリッドシステムや後部座席に不具合

トヨタ自動車は12月16日、『ヤリス』および『ヤリスクロス』のハイブリッドシステムや後部座席に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2019年12月11日~2020年10月17日に製造された4万5373台。

ハイブリッドシステムについては、ハイブリッドトランスアクスルのインプットダンパにて、防錆油の塗布が不適切なため、ダンパの動力伝達部に付着することがある。そのため、急加速の際、当該ダンパに異常な滑りが生じて警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、インプットダンパを良品と交換する。不具合は74件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

後部座席については、中央座席の金属製ブラケットの加工が不適切なため、衝突時の衝撃により鋭利な端部でシートベルトが損傷する場合がある。そのため、最悪の場合、シートベルトが破断し、乗員を拘束できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、シートベルトアンカブラケットに保護材を追加する。不具合および事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース