スズキ アドレス125、1万台をリコール…ミラーがグラグラになるおそれ

スズキは9月24日、原付2種スクーター『アドレス125(DT11A)』のミラーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年9月11日~2019年9月14日に製造された1万0189台。

対象車両は、左右ミラーにおいて、角度調整する部位のブーツの排水性が不十分なため、内部に水が溜まり腐食することがある。そのため、そのまま使用を続けると、ミラーの調整位置が保持できず、後方の交通状況を確認できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、左右ミラーを対策品と交換する。

不具合は17件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース