【プジョー SUV 2008 新型】EVモデルは429万円より、航続385kmを実現

プジョー SUV 2008(左)とSUV e-2008
  • プジョー SUV 2008(左)とSUV e-2008
  • プジョー SUV 2008
  • プジョー SUV 2008
  • プジョー SUV 2008
  • プジョー SUV e-2008
  • プジョー SUV 2008
  • プジョー SUV e-2008
  • プジョー SUV e-2008

グループPSAジャパンは、プジョーブランドのコンパクトSUV、新型『SUV 2008』およびそのEVバージョン『SUV e-2008』を9月16日より発売する。

SUVらしい力強いスタイリングと個性的なフロントフェイス

新型SUV 2008/SUV e-2008はフロントウインドウを後退させ、ボンネットをより水平基調とすることで、SUVらしい力強いスタイリングを実現。重心がホイールにしっかりと乗ったスタンスのよいボディが頼もしさと安心感を与えてくれる。

フロントフェイスは初代モデルから大きく変貌。堂々とした垂直グリル、彫りの深いボンネット、ヘッドライトから下に向けて細くなっていくLEDデイタイムランニングライトを装備する。また上級グレードの「GTライン」では、ライオンの3本の爪痕をモチーフとしたフルLEDヘッドライトを採用。リアには全グレードで3本爪のLEDテールを装備し、プジョーのSUVであることを主張する。

SUV e-2008はボディカラーに合わせて塗装されたラジエターグリルや、色調が見る角度によって変化する「ダイクロイックライオン」など、SUV 2008と差別化したフロントフェイスとなっている。

ボディカラーは、SUV 2008/SUV e-2008専用のメタリック系新色となるフュージョンオレンジをはじめ、ヴァーティゴブルー、エリクサーレッド、オニキスブラック、アルタンスグレー、パールホワイトの全6色を展開する。

全高1550mmで大半の立体駐車場に適合

新型SUV 2008/SUV e-2008は、グループPSA最新のコンパクトプラットフォーム「CMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)」を採用。初代モデルに比べ、ボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配された安定したスタンスを持つ美しいプロポーションを実現した。

ボディサイズは全長4305mm(先代比+145mm)、全幅1770mm(同+30mm)、全高1550mm(同-20mm)、ホイールベースは2610mm(同+70mm)、よりスタイリッシュなデザインとなっている。全高を1550mmに抑えたことで、多くの立体駐車場に適合する。また、ホイールベースの大幅な延伸にもかかわらず最小回転半径は5.4m(同-0.1m)に減少。ボディサイズを拡大しながら、日常での扱いやすさを高めている。

ラゲッジ容量はクラス最大級の434リットル

ラゲッジスペース容量は、先代より74リットル増え、クラス最大級の434リットルを確保。可動式のフロアボードをハイポジションにすることで荷室を上下に分割できる。さらに6:4分割可倒式のリアシートバックを倒せば、最大1467リットル(先代比+295リットル)の空間が出現。リアゲートの開口部は低くて大きく、壁面もフロアもフラットとなっている。

インテリアでは、従来のドアポケットとグローブボックスに加え、フロントセンターアームレスト下、シフトレバー前にも収納スペースを用意。さらに、センターコンソール下部にはQi規格準拠のスマートフォン非接触充電エリアとそのカバーがあり、スマートフォンをすっきりと収納できる。

新世代3D i-Cockpitが快適・安全なドライビングをサポート

新型SUV 2008/SUV e-2008は、小径ステアリングホイールに加え、3Dデジタルヘッドアップインストルメントパネルを備える新世代「3D i-Cockpit」を採用する。3Dデジタルヘッドアップインストルメントパネルは、ドライバーにとって必要な情報を重要度に応じてレイヤー化して表示。安全で快適なドライブをサポートする。

また、GTラインにはホールド性の高いダイナミックシートを装備し、スポーツドライビングを支える。シート素材にはアルカンタラ&テップレザーを採用し、ドライブトレインに応じた色を設定。SUV 2008はダークグレー、SUV e-2008はライトグレーのアルカンタラをあしらい、ステッチパターンもそれぞれの個性を反映している。

ガソリンモデルは最高出力130psの1.2リットルターボを搭載

ガソリンモデルは最高出力130ps、最大トルク230Nmを発揮する進化型の1.2リットル3気筒ターボエンジンを搭載する。GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着し、排ガスのクリーン化とともに燃費を改善。電子制御8速AT「EAT8」との組み合わせで、19.2km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現する。

ドライブモードはエコ、ノーマル、スポーツの3種類を設定。さらにGT Lineはアドバンスドグリップコントロールを搭載し、あらゆる路面で最適なトラクションを確保する。

SUV e-2008は385kmの航続距離を実現

SUV e-2008は、100%電動パワートレインを搭載した日本初のBセグメントコンパクトSUVとなる。電気モーターは最高出力136ps、最大トルク260Nmを発生。2.6リットルNAエンジン相当の最大トルクをゼロ回転から発生させ、これまでにない運転しやさと、刺激的なドライビング体験を提供する。ドライビングモードは状況に応じた「スポーツ」「ノーマル」「エコ」の3種類を、ブレーキモードは回生ブレーキ強度の異なる2種類を用意する。

大容量50kwhのリチウムイオンバッテリーにより、JC08モードで最大385kmの航続距離を実現。エアコンと連動した液冷式ヒートポンプによってバッテリーの温度を最適に管理し、効率的な急速充電と長い航続距離、バッテリーの長寿命化を実現している。

充電モードは車輌に標準搭載されている3kW 15A 200Vケーブルによる「コンセント型普通充電」、高出力の6kw / 200Vのウォールボックス型普通充電、約50分で80%充電できるCHAdeMO(チャデモ)急速充電の3種類に対応する。さらにスマートフォンアプリで、充電操作やエアコンのオンオフを遠隔操作できる「eリモートコントロール」を用意。EVならではの機能を実装している。

最新の先進運転支援システムを全車標準装備

SUV 2008/SUV e-2008は、最新の先進運転支援システムを全車標準。最新世代の「アクティブセーフティブレーキ」は、自動車、二輪車、歩行者、夜間検知に対応する。「レーンポジショニングアシスト」は、左右車線内のドライバー任意の位置をキープ。「レーンキープアシスト」は約65km/h以上で走行中、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると自動的に元の車線へと戻す。「トラフィックサインインフォメーション」は、制限速度や進入禁止に関する道路標識をインストルメントパネルに表示。先進のキーレスエントリーシステム「プロキシミティスマートキー」も標準装備。2m以上離れるとロックが、1.5m以内に近づくとアンロックが作動し、快適な乗り降りを実現する。

価格はSUV 2008 アリュールが299万円、同GTラインが338万円。SUV e-2008はアリュールが429万円、同GTラインが468万円。

なお、グループPSAジャパンでは、9月29日19時より公式YouTubeチャンネルにてSUV 2008/SUV e-2008のオンライン発表会を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • VWの電動SUV『ID.4』、9月24日デビューが決定…軽擬装のプロトタイプ[動画] 画像 VWの電動SUV『ID.4』、9月24日デビューが決定…軽擬装のプロトタイプ[動画]
  • プジョー、SUVモデルラインの表記を変更 「3008」は「SUV 3008」に 画像 プジョー、SUVモデルラインの表記を変更 「3008」は「SUV 3008」に
  • マセラティの新型SUV、車名は『グレカーレ』に決定 画像 マセラティの新型SUV、車名は『グレカーレ』に決定
  • シボレー ボルト EV 次期型、派生電動SUVも設定…2021年から生産 画像 シボレー ボルト EV 次期型、派生電動SUVも設定…2021年から生産

特集

おすすめのニュース