【マツダ2 新型試乗】「ポロ」に近いキャラ、日本車もいい仕上がりになってきた…九島辰也

マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート
  • マツダ2 XD ホワイトコンフォート

『マツダ2』は昨年7月に『デミオ』から名称変更されたクルマだ。そのタイミングで『CX-5』的な鋭い目つきに生まれ変わった。もちろん、それだけでなく、最近のマツダらしく走りにも磨きをかけている。

「大人っ!」と思わせるホワイトレザーのインテリア

マツダ2 XD ホワイトコンフォート
今回ステアリングを握ったのはその特別仕様車、XD ホワイトコンフォート(White Comfort)。今年100周年を迎えたマツダは100周年特別仕様車もラインナップするが、それとは別モノとなる。こちらはコンパクトボディながら、名前通り白を基調としたどこか上品に仕上がっているシロモノだ。ホワイトレザーのインテリアがそう感じさせるのだろう。乗り込むと、「大人っ!」と思わせる。

マツダのディーゼルに合うステアリング

マツダ2 XD ホワイトコンフォート
エンジンは1.5リットル直4直噴式ターボのSKYACTIV-Dを搭載する。すでに多くの方がその味を知っているだろうが、マツダらしいスッキリしたフィーリングの持ち主である。アクセルに対するレスポンスはディーゼルとは思えないほどよく、走らせるのが楽しくなる。上までしっかり回るのがいい。

九島辰也 氏
そのエンジンの性格にピッタリ合っているのがステアリング。大き過ぎない径もいいし、グリップの太さもグッド。これ以上太くなると最近のBMWのように、せっかくの繊細なフィーリングが楽しめなくなる。パワステのセッティングも含め、このステアリングは操作感を強く感じる秀逸な仕上がりだ。

このサイズでも上品さを感じる乗り心地

マツダ2 XD ホワイトコンフォート
また、乗り心地もそんなキャラクターに合っている。普通に考えればこのクラスとしては硬めとなるだろうが、そこに違和感はない。しかも単に硬さが残るのではなく、段差などのあたりに関してはしなやかにこなしている。サスペンションの縮み側の設定が絶妙なのだろうか。このサイズであってもそこに上品さを感じる。16インチタイヤとの相性も良さそうだ。

アグレッシブな走りも楽しめるし、のんびりと海岸線を流すような時の乗り味もいい。個人的に思うに、この辺のキャラはVW『ポロ』に近い気がする。かなり広範囲でクルマ好きを飽きさせないクルマだ。調べると、今回のXD ホワイトコンフォートはプライスもけっこう近い。イメージは、あちらはポップでこちらはクール。日本車もいい仕上がりになってきた、と感じる一台である。

九島辰也 氏

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

九島辰也|モータージャーナリスト
外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX(世界文化社 刊)」副編集長、「アメリカンSUV(エイ出版社 刊)」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON(主婦と生活社 刊)」副編集長なども経験する。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。趣味はサーフィンとゴルフの"サーフ&ターフ"。 東京・自由が丘出身。

《九島辰也》

編集部おすすめのニュース

  • 今、あえてMT車を選ぶ理由とは? トヨタ ヤリス と マツダ2、MT車を比較試乗してわかったこと 画像 今、あえてMT車を選ぶ理由とは? トヨタ ヤリス と マツダ2、MT車を比較試乗してわかったこと
  • 【ホンダ フィット 新型試乗】方向性は180度変わったのか?新コンセプトの理由…大谷達也 画像 【ホンダ フィット 新型試乗】方向性は180度変わったのか?新コンセプトの理由…大谷達也
  • 【三菱 eKクロススペース 新型試乗】価格も納得の「全部載せ」軽スーパーハイト…岡本幸一郎 画像 【三菱 eKクロススペース 新型試乗】価格も納得の「全部載せ」軽スーパーハイト…岡本幸一郎
  • 【トヨタ ハリアー 新型試乗】見事に正常進化、大成功です…九島辰也 画像 【トヨタ ハリアー 新型試乗】見事に正常進化、大成功です…九島辰也

特集

おすすめのニュース