マツダ、ボンゴバン/トラック 新型発表…スマアシ標準装備、環境性能も向上

マツダ・ボンゴトラック
  • マツダ・ボンゴトラック
  • マツダ・ボンゴバン
  • マツダ・ボンゴトラック
  • マツダ・ボンゴトラック
  • マツダ・ボンゴトラック
  • マツダ・ボンゴバン
  • マツダ・ボンゴバン
  • マツダ・ボンゴバン

マツダは、小型商用バン『ボンゴバン』および小型商用トラック『ボンゴトラック』を全面改良。7月17日から予約受付を開始し、9月11日に販売開始する。

マツダ・ボンゴシリーズは、1966年の初代ボンゴバン発売以降、街中で取り回しやすい車両寸法やすぐれた積載性から多くのユーザーに愛用され、2020年5月までに累計で約210万台以上が生産された、マツダの歴史ある小型商用車だ。

今回の全面改良では、コンパクトな車両寸法による街中での扱いやすさと毎日の仕事に使いやすい積載性というボンゴの特長に加え、衝突回避支援ブレーキ機能や、駐車場などでの急発進を抑制する誤発進抑制機能などをパッケージとした衝突回避支援システム「スマートアシスト」を全車に標準装備。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に、全車が該当している。

また、燃費性能を向上させた新開発の1.5リットルガソリンエンジンを搭載。全車で「平成30年排出ガス規制50%低減レベル」を達成するとともに「平成27年度燃費性能25%以上達成」。全車で環境性能割は非課税、重量税は免税となるなど、経済性を高めた。また、停車と発進の多い市街地では豊かなトルクを発揮し、高速走行時には軽快に加速するなど、長時間の運転でも快適な、ゆとりある走りを実現する。

価格はボンゴバンが182万2700円から235万0700円、ボンゴトラックが168万0800円から213万2900円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ダイハツ、新型小型商用車『グランマックス』を日本市場へ投入 初の海外生産車 画像 ダイハツ、新型小型商用車『グランマックス』を日本市場へ投入 初の海外生産車
  • トヨタ タウンエース 改良新型、スマアシや新開発1.5リットルエンジン搭載[写真差し替え] 画像 トヨタ タウンエース 改良新型、スマアシや新開発1.5リットルエンジン搭載[写真差し替え]
  • トラックカーナビ、音声注意喚起機能に「車高」情報を追加 画像 トラックカーナビ、音声注意喚起機能に「車高」情報を追加
  • 女性や未経験者に優しい専用トラック「クローバー」導入…アサヒロジスティクス 画像 女性や未経験者に優しい専用トラック「クローバー」導入…アサヒロジスティクス

特集

おすすめのニュース