トヨタ タウンエース 改良新型、スマアシや新開発1.5リットルエンジン搭載[写真差し替え]

トヨタ・タウンエース・バンGL 4WD 4速AT
  • トヨタ・タウンエース・バンGL 4WD 4速AT
  • トヨタ・タウンエース・バンGL 4WD 4速AT
  • トヨタ・タウンエース・バンGL 4WD、フロントシート
  • トヨタ・タウンエース・バンDX 2WD、寸法
  • トヨタ・タウンエース・バンDX 2WD、インストルメントパネル
  • トヨタ・タウンエース・トラックDX 4WD 4速AT
  • トヨタ・タウンエース・トラックDX 4WD 4速AT
  • トヨタ・タウンエース・トラックXエディション、フロントシート

トヨタ自動車は、小型商用車『タウンエース』をマイナーチェンジ、安全装備を充実させるとともに、新開発1.5リットルエンジンを搭載し、9月4日より発売する。

今回のマイナーチェンジでは、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載。夜間の歩行者や昼間の自転車運転者も検知する衝突回避支援ブレーキ機能や、駐車場などでアクセルとブレーキペダルを踏み間違えた時に、急発進を抑制する誤発進抑制機能などをパッケージとしている。また、運転手の視界を明るくサポートするLEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)の採用や、視認性が高いLEDランプをリヤコンビネーションランプにも採用している。

また、小型商用車のために新開発した1.5リットル2NR-VEガソリンエンジンを搭載した。荷物を積んで停車と発進を繰り返す街中の低中速域での走行では、豊かなトルクでパワフルな走りを実現。長時間の運転も快適に、ビジネスをサポートする。新型エンジンは燃焼効率の向上とエンジン内部のフリクション低減などを図り、優れた低燃費と低排出ガス性能を実現。燃費(WLTCモード)はアイドリングストップ機能もあわせ、バン(2WD・5速マニュアル)は12.6km/リットル、トラック(同)は12.9km/リットルとし、従来型と比べ約20%向上。また、平成30年基準排出ガス50%低減レベルを達成している。

あわせて、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施すとともに、新たに冷凍車を設定。冷却能力が-5度までの中温冷凍車と、+5度までのクーリング車の2種類を用意した。

価格帯はバンが181万9000円~234万7000円、トラックが167万7000円~212万9000円、TECSが211万7000円~362万5000円。月販目標台数はバン700台、トラック300台。ダイハツのインドネシア工場で生産する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、中国5社と商用車用燃料電池システムの研究開発会社を北京に設立 画像 トヨタ、中国5社と商用車用燃料電池システムの研究開発会社を北京に設立
  • ZF、商用車事業を再構築…ステアリング技術企業の売却が完了 画像 ZF、商用車事業を再構築…ステアリング技術企業の売却が完了
  • マルチスズキ『スーパーキャリイ』、最新排ガス基準適合の天然ガス車設定…インド小型商用車初 画像 マルチスズキ『スーパーキャリイ』、最新排ガス基準適合の天然ガス車設定…インド小型商用車初
  • 商用車メーカーが連携してトラックのデータ連携を推進 経産省の勉強会 画像 商用車メーカーが連携してトラックのデータ連携を推進 経産省の勉強会

特集

おすすめのニュース