ランボルギーニ ウラカンEVO RWDスパイダー、5月7日にデビュー…バーチャルイベント開催

新型車がバーチャルデビュー
  • 新型車がバーチャルデビュー
  • ランボルギーニ・ウラカン・エボ

ランボルギーニ(Lamborghini)は、5月7日13時(日本時間同日21時)にニューモデル、『ウラカンEVO RWDスパイダー』を初公開すると発表した。

この新型車は、『アヴェンタドール』、『ウラカン』、『ウルス』に続いて、ランボルギーニのモデルラインナップを充実させるために開発されているものだ。

なお、ランボルギーニは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の防止に配慮して、5月7日にはバーチャルローンチイベントを行い、この新型車を発表する予定だ。アップルのAR Quick Lookを使って、手元の iPhineか iPadでローチンを見ることができる。

ランボルギーニのステファノ・ドメニカリ会長兼CEOは、「ファンや顧客の夢を育み続け、モデルラインナップを充実させていく」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース