トヨタのハイブリッド車、世界販売1500万台…次世代システムはさらに燃費を向上へ

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は4月27日、ハイブリッド車の世界累計販売台数が1500万台を突破した、と発表した。

トヨタは1997年8月、同社初の市販ハイブリッド車として、『コースターハイブリッドEV』を、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車の『プリウス』を発売した。現在では、トヨタとレクサスのハイブリッド車のグローバルラインナップは、44に拡大している。

トヨタは長年のハイブリッド車の開発の経験により、あらゆる種類の電動パワートレインに共通する電動化技術のノウハウを有している。電気モーター、バッテリー、パワーコントロールユニットの20年以上にわたる開発により、エネルギーを効率的に管理し再利用するノウハウを蓄積しており、ハイブリッド車だけでなく、PHV(プラグインハイブリッド車)、EV、燃料電池車(FCV)を通じて、トヨタとレクサスの顧客に幅広い電動パワートレイン車を用意している。

なお、トヨタは、これまでに販売された1500万台のハイブリッド車のCO2排出抑制効果は、約1億2000万トン以上と試算している。

トヨタは、現在の第 4 世代ハイブリッドシステムを超えるべく、ハイブリッド技術の改良を続け、さらに低いCO2排出量とこれまで以上に優れた燃費を追求していく、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース