5ポイントLEDはナシ!? VW ゴルフR 新型、333馬力でニュルを激走

VWが開発中の『ゴルフ』最強モデル、『ゴルフR』市販型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えた最新プロトタイプは一見フルヌードだ。しかし、よく見るとフロントバンパー、排気管やリアディフューザーのカットアウトに巧妙な偽装がみられる。それでも、黒いサイドスカート、青いブレーキキャリパーで強化されたクロスドリルを備えるブレーキセット、ルーフから伸びる大型スポイラー、クワッドテールパイプなど「R」の証は確認できる。

VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
またキャビン内には生産モデルにはないロールケージを配置、フロントバンパーでは、新型ゴルフが持つ、5ポイントLEDデイタイムランニングライトが削除されているのも特徴だ。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は333psを発揮。「4モーション」AWDシステムとDSGデュアルクラッチATが組み合わされ、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は270km/hのハイパフォーマンスが予想される。

ゴルフRのワールドプレミアは、7月のグッドウッドフェスティバルが有力とされていたが、コロナウィルスの影響により、大幅な修正を強いられる可能性もありそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース