ホンダ『CB-Fコンセプト』、バーチャルモーターサイクルショーで世界初公開

ホンダ CB-Fコンセプト
  • ホンダ CB-Fコンセプト
  • ホンダ CB-Fコンセプト

ホンダは3月27日、大阪・東京モーターサイクルショー2020に出展を予定していたコンセプトモデル『CB-Fコンセプト』をホームページで世界初公開した。

ホンダは、大阪・東京モーターサイクルショー2020の開催中止に伴い、公開を予定していた「ホンダブース」と「Dream Networkブース」および二輪出展車両29台を、ウェブサイトで「ホンダバーチャルモーターサイクルショー」として3月27日より公開。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大によりイベント自粛が続く中、CB-Fコンセプトはその中での初披露となった。

CB-Fコンセプトは、昨年CB誕生60周年の節目を機に、改めてCBシリーズの歴史を振り返り、ホンダを代表するスポーツバイクであるCBの“守り抜くこと・変革すること"を徹底的に議論し、導き出した提案の一つ。北米などのレースシーンでも活躍した「CB750F」(輸出モデル:CB900F)に敬意を込め、デザインモチーフを踏襲しながら最新の技術で仕上げたチャレンジングなモデルだ。

エンジンは、伸びやかな吹け上がりや、力強いトルクを持つ水冷4ストロークDOHC 4バルブ直列4気筒998ccを搭載する。フレームは軽量な高張力鋼のモノバックボーンを採用。足回りには、市街地からワインディングまで路面追従性に優れ、上質な乗り心地を提供する倒立フォークをフロントに、アルミ製の軽量片持ちスイングアームのプロアームをリアに採用している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース