トライアンフ、新コネクティビティシステム発売へ 二輪車初の内蔵型GoProコントロールシステムを搭載

GoPro接続画面表示
  • GoPro接続画面表示
  • ターンバイターンナビゲーションシステム画面表示
  • 電話の着信画面表示
  • ミュージック画面表示
  • 新マイトライアンフアプリ
  • 新マイトライアンフアプリ
  • 新マイトライアンフアプリ
  • 新マイトライアンフアプリ

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、二輪車初の内蔵型GoProコントロールシステムを搭載した、新マイトライアンフ・コネクティビティシステムを12月21日より発売する。

新マイトライアンフ・コネクティビティシステムは、数多くのコネクティビティ機能を備え、ライダーエクスペリエンスを強化。まずは『スクランブラー1200XC』、『スクランブラー1200XE』、『ロケット3R』向けにリリースする。

新製品は、二輪車世界初の内蔵型GoProコントロールシステムを搭載し、GoProをTFTディスプレイに接続することで、走行時のあらゆる瞬間を記録できる。TFTディスプレイと左手のスイッチキューブを介して、直感的にGoProの主要機能を操作可能。TFTディスプレイは、モード、動画撮影開始、動画撮影停止、写真撮影、バッテリー残量など、GoProカメラのステータスを示すシンプルなグラフィックアイコンを表示する。同システムは「Hero 5」および「Hero 5 Session」以降のすべてのGoProカメラに対応する。

Googleによるトライアンフ初のターンバイターンナビゲーションシステムは、Bluetooth接続モジュールを介して高精度なナビゲーションを実現する。トライアンフ正規販売店にて、マイトライアンフ コネクティビティモジュールをインストールすることで、信頼性の高い位置認識検索候補により、最大21の目的地を必要に応じて追加できる。マイトライアンフアプリ上でルートを選択して走行を開始すると、簡単なグラフィックアイコンを使用して、TFTディスプレイ上に明確な方向指示アイコンが表示される。

そのほか、スマートフォンとBluetooth ヘッドセットをTFTコネクティビティシステムにペアリングすることで、電話や音楽再生も可能。通話の発信や着信、SMSメッセージ通知などの電話機能は、音楽トラックの選択同様に、左手のスイッチキューブを介して操作できる。

トライアンフモーターサイクルズジャパンでは、新マイトライアンフ・コネクティビティシステムの発売に伴い、新マイトライアンフ・アプリのリリースを開始。走行ルートの記録、走行終了時の走行サマリー表示、サマリーの共有に加え、新マイトライアンフ・コネクティビティシステムにより、トライアンフ車両のTFTディスプレイ上で、Google提供のライブナビゲーションが利用可能。車両ステータスを監視し、オドメーター、平均燃料消費量、次回の点検整備までの時間/距離などの重要な情報を表示できる。

マイトライアンフ・コネクティビティシステムは、モジュール本体、モジュールおよびTFTディスプレイのソフトウェアアップデートを含めて価格は4万5540円。バイクへのモジュール装着には別途装着用キット(スクランブラー1200用4180円、ロケット3用1650円)が必要。その他のTFTディスプレイ採用モデルの装着キットは、2020年に順次発売予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース