アウディ A7SB など、助手席エアバッグ展開時に負傷のおそれ リコール

アウディA7スポーツバック新型
  • アウディA7スポーツバック新型
  • 改善箇所

アウディジャパンは11月27日、『A7スポーツバック 55 TFSIクワトロ』および『A6 55 TFSIクワトロ』のエアバッグコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年7月21日~2019年8月23日に輸入された1765台。

対象車両は、エアバッグコントロールユニットのプログラムが不適切なため、助手席側エアバッグ展開時に過度の展開力が発生することがある。そのため、衝突時に乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 豊田合成、ベトナムでエアバッグ部品の生産能力を強化 画像 豊田合成、ベトナムでエアバッグ部品の生産能力を強化
  • ホンダ、次世代助手席エアバッグ開発…2020年から市販車に搭載へ 画像 ホンダ、次世代助手席エアバッグ開発…2020年から市販車に搭載へ
  • スズキ スイフト、5万1000台をリコール エアバッグ誤作動で負傷するおそれ 画像 スズキ スイフト、5万1000台をリコール エアバッグ誤作動で負傷するおそれ
  • スズキ ソリオ、助手席エアバッグ固定ネジを取り付け忘れ リコール 画像 スズキ ソリオ、助手席エアバッグ固定ネジを取り付け忘れ リコール

特集

おすすめのニュース