本物の「フォーミュラE」をドライブできる、EVハイパーカー『バッティスタ』の顧客限定…ピニンファリーナ

ピニンファリーナ・バッティスタとマヒンドラレーシングのフォーミュラE
  • ピニンファリーナ・バッティスタとマヒンドラレーシングのフォーミュラE
  • ピニンファリーナ・バッティスタとマヒンドラレーシングのフォーミュラE
  • マヒンドラレーシングのフォーミュラEをドライブできるアウトモビリ・ピニンファリーナのプログラム
  • マヒンドラレーシングのフォーミュラEをドライブできるアウトモビリ・ピニンファリーナのプログラム
  • マヒンドラレーシングのフォーミュラEをドライブできるアウトモビリ・ピニンファリーナのプログラム
  • マヒンドラレーシングのフォーミュラEをドライブできるアウトモビリ・ピニンファリーナのプログラム
  • マヒンドラレーシングのフォーミュラEをドライブできるアウトモビリ・ピニンファリーナのプログラム

アウトモビリ・ピニンファリーナは、2020年に市販予定のEVハイパーカーの『バッティスタ』(Automobili Pininfarina Battista)の顧客を対象に、「フォーミュラE」の実車をドライブできるプログラムを開始した、と発表した。

アウトモビリ・ピニンファリーナは、イタリアのデザイン工房、ピニンファリーナの親会社であるインドの大手自動車メーカーのマヒンドラ&マヒンドラ(マヒンドラ)が立ち上げた新ブランドだ。その最初の市販車が、EVハイパーカーのバッティスタ。バッティスタとは、ピニンファリーナの創設者、バッティスタ・ファリーナ(Battista Farina)氏に敬意を表すネーミングとなる。

バッティスタのEVパワートレインは、4個のモーターを搭載し、合計で最大出力1900hp、最大トルク234.5kgmを引き出す。パワフルなモーターが4輪を駆動し、トルクベクタリング機能も採用した。0~100km/h加速2秒以内、0~300km/h加速12秒以内の性能を発揮する。ピニンファリーナによると、0~100km/h加速2秒以内の性能は、現行のF1マシンを凌ぐという。

また、バッティスタは5種類の走行モードが切り替えできる。最高速は350km/hオーバーだ。リチウムイオンバッテリーはセンタートンネルとシート後方に、T字型にレイアウトされ、蓄電容量は120kWh。1回の充電での航続は、およそ450kmの性能を備える。バッテリーは急速充電に対応している。

アウトモビリ・ピニンファリーナは、このバッティスタの顧客を対象に、マヒンドラレーシングのフォーミュラEの実車をドライブできるプログラムを開始した。元F1ドライバーで開発チーフドライバーのニック・ハイドフェルド氏の指導の下、スペインのサーキットにおいて、バッティスタの顧客がフォーミュラEを走行させる。アウトモビリ・ピニンファリーナは、驚異的なEVパフォーマンスを味わう、またとない機会を提供する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスマイバッハ が初のSUV、ロールスロイス や ベントレー と競合…広州モーターショー2019 画像 メルセデスマイバッハ が初のSUV、ロールスロイス や ベントレー と競合…広州モーターショー2019
  • ロールスロイスがSUVにも「ブラックバッジ」、カリナン 発表…広州モーターショー2019 画像 ロールスロイスがSUVにも「ブラックバッジ」、カリナン 発表…広州モーターショー2019
  • アストンマーティンとザガートの名車、60年ぶりに復刻生産…世界限定19台を納車開始 画像 アストンマーティンとザガートの名車、60年ぶりに復刻生産…世界限定19台を納車開始
  • 2035年のグランドツアラー、EXP100GT ベントレーが自動車素材の新時代を提案 画像 2035年のグランドツアラー、EXP100GT ベントレーが自動車素材の新時代を提案
  • 【SUPER GT × DTM 交流戦】記念すべき“初舞台”、土曜のレース1でレクサスのニック・キャシディがポール・トゥ・ウイン 画像 【SUPER GT × DTM 交流戦】記念すべき“初舞台”、土曜のレース1でレクサスのニック・キャシディがポール・トゥ・ウイン

特集

おすすめのニュース