日本郵便、電気自動車1200台導入 2020年度末までに

日本郵便に導入するミニキャブMiEVバン
  • 日本郵便に導入するミニキャブMiEVバン

日本郵便は、2020年度末までに、三菱自動車の電気自動車(EV)『ミニキャブ・MiEVバン』を1200台配備する(11月13日発表)。

1200台のEV導入で2020年度末には東京都内における郵便物や荷物の配送に使用する軽四輪車の3割がEVになる。

導入するEVは東京をはじめとする大都市圏の郵便局を中心に配備し、主に郵便物や荷物の配送に使用する。2019年度中に400台、2020年度中に800台を導入する。

導入するEVは、日本郵便のコーポレートカラーである赤色をベースに、イメージキャラクターである「ぽすくま」と電気自動車を象徴するコンセントを組み合わせた、日本郵便の切手デザイナーによるオリジナルデザインを採用する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ初の市販EV『EQC』、「360度環境チェック」に合格…ドイツ認証機関 画像 メルセデスベンツ初の市販EV『EQC』、「360度環境チェック」に合格…ドイツ認証機関
  • 住友商事、台湾最大手EVバスメーカーへ出資参画 画像 住友商事、台湾最大手EVバスメーカーへ出資参画
  • 三菱自、高知県と災害時協力協定を締結 災害発生時に アウトランダーPHEV など貸し出し 画像 三菱自、高知県と災害時協力協定を締結 災害発生時に アウトランダーPHEV など貸し出し
  • 【マツダ MX-30】「光の動きを引いて、魂動デザインの壁を押し広げた」前田育男常務[インタビュー 前編] 画像 【マツダ MX-30】「光の動きを引いて、魂動デザインの壁を押し広げた」前田育男常務[インタビュー 前編]

特集

おすすめのニュース