ホンダ ゴールドウイング、2020年モデル発売へ 快適性や使い勝手を向上

ホンダ ゴールドウイング ツアー DCT<AIRBAG>(パールグレアホワイトストライプ)
  • ホンダ ゴールドウイング ツアー DCT<AIRBAG>(パールグレアホワイトストライプ)
  • ホンダ ゴールドウイングDCT(マットバリスティックブラックメタリック)
  • ホンダ ゴールドウイング(マットバリスティックブラックメタリック)
  • ホンダ ゴールドウイング(マットマジェスティックシルバーメタリック)
  • ホンダ ゴールドウイングDCT(マットバリスティックブラックメタリック)
  • ホンダ ゴールドウイングDCT(マットマジェスティックシルバーメタリック)
  • ホンダ ゴールドウイング ツアー(ダークネスブラックメタリック)
  • ホンダ ゴールドウイング ツアー(キャンディーアーダントレッド)

ホンダは、大型プレミアムツアラー『ゴールドウイング』シリーズの快適性や使い勝手を向上させるとともに、カラーバリエーションを変更し、『ゴールドウイング ツアー』を2020年1月24日に、『ゴールドウイング』を2月14日より発売する。

ゴールドウイングは、モーターサイクル唯一の水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した大型ツアラー。2018年1月、17年ぶりの全面刷新を図り、軽量コンパクトな車体に新設計エンジン、二輪車用ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなど、数々の先進装備を搭載した。

今回、ゴールドウイングシリーズの左側サドルバッグ内にUSBケーブルを標準装備。リアトランク装備のゴールドウイング ツアーでは、前後サスペンションのセッティングを最適化することで、より上質な乗り心地を追求するとともに、リアグリップの形状を変更することで、パッセンジャー乗車時の安心感を高めている。

また、ゴールドウイング ツアーDCT<AIRBAG>では、電子制御燃料噴射装置(PGM‐FI)とデュアルクラッチトランスミッション(DCT)のセッティングを変更することで、低速域での扱いやすさをより向上させている。

カラーバリエーションは、ゴールドウイングには、精悍な印象のマットバリスティックブラックメタリックを新たに採用。継続色のマットマジェスティックシルバーメタリックとあわせ、全2色の設定としている。ゴールドウイング ツアーには、スポーティな印象のストライプを施した新色パールグレアホワイト(ストライプ)を採用し、継続色のダークネスブラックメタリック、キャンディーアーダントレッド、パールグレアホワイトとあわせた全4色を設定。ゴールドウイング ツアーDCT<AIRBAG>には、パールグレアホワイト(ストライプ)と、高級感を醸し出すダークネスブラックメタリック(ツートーン)を新たに採用し、継続色のキャンディーアーダントレッド(ツートーン)、パールグレアホワイトとあわせ、全4色の設定としている。

価格はゴールドウイングが278万7400円、ゴールドウイングDCTが293万0400円、ゴールドウイング ツアーが301万8400円、ゴールドウイング ツアーDCT<AIRBAG>が338万1400円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース