メルセデスベンツの大型トラック、最新自動ブレーキ標準装備へ…2020年1月から欧州で

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は2020年1月から、欧州全域で販売される大型トラックの新型『アクトロス』に、歩行者検知機能付きの最新世代の自動ブレーキを標準装備すると発表した。

この自動ブレーキは、「アクティブブレーキアシスト5」と呼ばれるものだ。第5世代の「アクティブブレーキアシスト」となる。歩行者検知機能が強化されており、安全性能を高めている。

また、緊急ブレーキアシスタント、部分自動運転を可能にする「アクティブドライブアシスト」、ミラーレスの「ミラーカム」、歩行者と自転車を認識する巻き込み事故を防ぐ「サイドガードアシスト」などの先進運転支援システム(ADAS)も採用されている。

メルセデスベンツは、サイドガードアシストは2017年以降の生産車に、後付けでの装着も可能にした、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース