福祉介護型MaaS実現へ、ダイハツと三豊市が連携

ダイハツ工業と香川県三豊市は10月15日、福祉介護領域における次世代モビリティサービスに関する連携協定を締結した。

今回の連携協定は、福祉介護領域における次世代運行サービス(福祉介護型MaaS)によって地域課題を解決し、福祉介護事業が持続できる環境を構築することで、事業関係者の負担を軽減するとともに、高齢者などがいつまでも自分らしく豊かに日常生活を送ることができるまちづくりを推進することが目的だ。

両者は、福祉介護領域における移動関連業務の効率化を狙いとした実態調査や合理化に向けた検討、高齢者の生活移動支援などの新たなサービス施策の検討などで連携。まずはダイハツが有する福祉介護の移動に関するノウハウをもとに、地域課題の解決策の検証を行い、地域の需要に最適化した福祉介護型MaaSの検討および様々なサービスの実現を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース