【F1 日本GP】いよいよ決勝、観客たちが続々と鈴鹿サーキットへ

午前7:00のゲートオープンに合わせてファンが大集合
  • 午前7:00のゲートオープンに合わせてファンが大集合
  • 駐車場にむけて、長い列がつづいている
  • 台風の影響を考慮して、屋根が取り外されたF1ステージ
  • 朝から楽しんでいるダース・ベイダー卿
  • ヘルメットの上には完成度の高いリアウィングが
  • 往年の名ドライバーとフェルスタッペンが時代を超えて共演
  • 3人でおそろいのコスチューム。オリジナルのハットも高い完成度
  • F1日本グランプリ

いよいよ決勝日を迎えたF1日本グランプリ。午前7時00分のゲートオープンに合わせて、朝早くから鈴鹿サーキットへ観客が集まっている。

台風一過によって快晴に恵まれた現地だが、一部の特設ブースは昨日の台風の影響で解体作業が行われた影響から、復旧作業が大急ぎで行われている。

しばしば“熱狂的”と評される鈴鹿のF1ファン、園内にはいたるところでそういったファンがいる。精巧につくられたミニチュアモデルを頭にのせたり、同じデザインで作成したオリジナルのコスチュームの仲良し3人組。公式でも定番となったダース・ベイダー卿も朝早くからコースイン。1日短縮してしまったF1日本グランプリの時間を、それぞれが楽しんでいる。

13日は予選が午前10時00分に行われ、このあとドライバーズパレードが午後0時30分から、決勝レースが午後2時10分スタートの予定。

《後藤竜甫》

編集部おすすめのニュース

特集