VWのマルチバン「Tシリーズ」が高級ミニバンへ路線変更!? グランエースのライバルに

VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VW T7 開発車両スクープ写真

VWのマルチバン『T6』(トランスポーター6)の後継モデルとなる『T7』市販型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

初期開発車両のため、一切のディテールは隠されている。しかし、コンパクトEV『ID.3』を彷彿させるスクエアで薄いヘッドライト、その左右をつなぐ直線的グリルの一部が見て取れるほか、新デザインのテールライトの一部も見てとれる。さらにAピラーに三角窓が設置されており、フロントの視界が向上しそうだ。

新型では商用車プラットフォームを採用せず、「MQB」モジュラーアーキテクチャに移行されるとみられ、T6よりボンネットが長く、張り出しているほか、後部がさらに後方へ伸びている点などからも、後継モデルは商用バンではなく本格ミニバンへ路線変更される可能性が高い。

パワートレインの詳細は不明だが、ガソリン、ターボディーゼル、ハイブリット、フルEVなどのバリエーションが予想され、前輪駆動をベースに全輪駆動を用意。ベースモデルとは別にLWB(ロングホイールベース)バージョンも設定されるという。

キャビン内はまだ着手されておらず、今後劇的な変化もみられるかもしれない。先日トヨタはフルサイズワゴン『グランエース』を発表したが、思わぬ強敵の出現となりそうだ。

ワールドプレミアは、早くても2021年と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集