三菱ふそう、FC小型トラック『Vision F-CELL』を世界初公開予定…東京モーターショー2019

三菱ふそう Vision F-CELL
  • 三菱ふそう Vision F-CELL
  • 三菱ふそう ブースイメージ

三菱ふそうトラック・バスは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「CHALLENGE THE CHANGES」をテーマに、くらしを支える商用車メーカーとして常に社会の変化に先陣を切り対応していく姿を表現する。

同社ブースでは、燃料電池小型トラック『Vision F-CELL』(参考出品)および大型トラック『スーパーグレート』2019年モデルを世界初公開するほか、 大型観光バス『エアロクィーン』、小型バス『ローザ』観光仕様の各2019年モデルを展示。市場の変化、社会の変化、そして環境の変化に対し、「変化には常に挑戦が必要である」という開拓精神を、変化し続ける世界の映像をクロム仕様の展示車両で反映し、また人を感知して変化するフロアライトを通して演出する。

このほか、無料エリアのオープンロードでは、国士舘大学との共同企画『ATHENA』(参考出品車)、小型トラック『キャンター』4輪駆動車の救助車両を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集