三菱電機 EMIRAI S、最新センシング&HMI技術搭載のコンセプトキャビン…東京モーターショー2019出展予定

三菱電機 EMIRAI S
  • 三菱電機 EMIRAI S

三菱電機は、最新のセンシング技術とHMI技術を搭載したコンセプトキャビン「EMIRAI S(イーミライ エス)」を開発。10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展する。

EMIRAI Sは、ドライバーモニタリングシステム(DMS)で培ったフェイストラッキング技術と近赤外線カメラを用い、ドライバーの顔が動いても安定した脈拍計測を実現。この脈拍計測と温度センサーを使った体表温度計測を組み合わせることで、運転中の疲労や眠気、体調急変をより正確に検知し、自動停車させるなど、安全・安心な移動を支援する。

また、カメラ映像と音声情報を組み合わせ、どの座席の人が・いつ話したかを聞き分けるHMI技術を搭載。他の乗員の会話中もEMIRAI Sへの要望だけを認識し、快適なコミュニケーションを支援する。また、浮遊感・奥行き感のある映像を表示する「ワイドクロッシングディスプレイ」と、複数の機能をシンプルに操作できる「リングノブオンディスプレイ」を組み合わせ、高い視認性と操作性を実現する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集