三菱電機に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
三菱電機 カーナビゲーション ETC 自動料金収受システム IBA サービス
先行車両が検知した路上障害情報をリアルタイムで共有、三菱電機とHEREが新システム開発 画像
自動車 テクノロジー

先行車両が検知した路上障害情報をリアルタイムで共有、三菱電機とHEREが新システム開発

三菱電機とHERE社は5月15日、先行車両が検知した路上障害の位置情報をリアルタイムで後続車両へ共有する「レーンハザードワーニングシステム」を開発したと発表した。

三菱電機、車載用TFT液晶モジュール3機種発売へ 高解像度ワイドHD 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機、車載用TFT液晶モジュール3機種発売へ 高解像度ワイドHD

三菱電機は、カラーTFT液晶モジュールの新製品として、高解像度ワイドHDの「車載用TFT液晶モジュール」3機種を7月16日に発売する。

三菱電機、新セキュリティー規格準拠のETC車載器発売 決済情報を安全に保護 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機、新セキュリティー規格準拠のETC車載器発売 決済情報を安全に保護

三菱電機は、国土交通省がETCの決済情報をより安全に保護するために新たに定めた新セキュリティー規格に準拠した、アンテナ分離・スピーカー一体型のETC車載器を4月12日より発売する。

三菱電機、チェコに電動車両用モーター・インバーターの新工場建設へ 画像
自動車 ビジネス

三菱電機、チェコに電動車両用モーター・インバーターの新工場建設へ

三菱電機は3月6日、チェコの自動車機器製造・販売拠点であるMitsubishi Electric Automotive Czech s.r.o.(MEAC)に新工場を建設し、欧州での需要拡大が見込まれる電動車両用モーター・インバーターの生産体制を拡充すると発表した。

ハイエンド衝撃、クルマ好きがDIATONEをチェック…大阪オートメッセ2019 画像
自動車 テクノロジー

ハイエンド衝撃、クルマ好きがDIATONEをチェック…大阪オートメッセ2019

『大阪オートメッセ2019』を訪れた“クルマ好き”たちが“DIATONE”の音をCheck! Part2「ハイエンド」の衝撃度をリサーチ

クルマ好きがDIATONEをチェック「ナビを換えただけ?」…大阪オートメッセ2019 画像
自動車 ニューモデル

クルマ好きがDIATONEをチェック「ナビを換えただけ?」…大阪オートメッセ2019

2月9日より3日間にわたり開催された『大阪オートメッセ2019』。なんと3日間合計の来場者数は昨年の約21万8000人に対して5万人近くも多い約26万2000人を数えたという。そんな大盛況のうちに幕を閉じた同イベントの"DIATONE"ブースを取材した。

エレベーターの呼び出しと行き先階をスマホで自動設定 三菱電機ビルテクノサービス 画像
自動車 テクノロジー

エレベーターの呼び出しと行き先階をスマホで自動設定 三菱電機ビルテクノサービス

三菱電機ビルテクノサービス(三菱電機グループ)は、スマートフォンを用いてエレベーターを呼び出し、行き先階を設定する機能を開発し、19日に発表した。ボタン操作をスマートフォンで自動化したような機能だ。

スバルのドライバーモニタリングシステムの発展形を発見…三菱電機の研究開発成果披露会 画像
自動車 テクノロジー

スバルのドライバーモニタリングシステムの発展形を発見…三菱電機の研究開発成果披露会

◆高電力密度のパワーユニットとモーター ◆悪天候時の自動運転やADASを実現 ◆実装優先の車載セキュリティ機能 ◆インナーカメラと連携するだけで便利になるADAS

三菱電機、ハイブリッド車用超小型パワーユニットと高出力密度モーターを開発 画像
自動車 ビジネス

三菱電機、ハイブリッド車用超小型パワーユニットと高出力密度モーターを開発

三菱電機は、出力容量400kVA機種において、世界最小の体積と世界最高の電力密度を実現した「ハイブリッド車用超小型パワーユニット」と、世界最高クラスの出力密度を達成した「高出力密度モーター」を開発したと2月13日に発表した。

悪天候対応の車載向けセンシング技術、三菱電機が開発 画像
自動車 テクノロジー

悪天候対応の車載向けセンシング技術、三菱電機が開発

三菱電機は2月13日、濃霧や豪雨などでも車両周辺の状況を高い精度で検知できる「悪天候に対応可能な車載向けセンシング技術」を開発した。

言語を自動判断する音声認識技術、三菱電機が開発 世界初 画像
自動車 テクノロジー

言語を自動判断する音声認識技術、三菱電機が開発 世界初

三菱電機は2月13日、同社AI技術「Maisart(マイサート)」を用いて、世界で初めて不特定多数のユーザーが何語を話すか分からない状況でも高精度な音声認識を実現する「シームレス音声認識技術」を開発したと発表した。

三菱電機もパナソニックも下方修正、米中貿易摩擦の余波響く[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

三菱電機もパナソニックも下方修正、米中貿易摩擦の余波響く[新聞ウォッチ]

米中貿易摩擦などによる中国経済の減速が電機メーカーなどの業績にも打撃を与えているようだ。パナソニック、三菱電機、ソニーやシャープなども業績予想を下方修正。先行き懸念が広がっている。

電動車いす、エレベーターと連携して自動走行 WHILLなど実証実験開始 画像
自動車 テクノロジー

電動車いす、エレベーターと連携して自動走行 WHILLなど実証実験開始

パーソナルモビリティ開発・販売のWHILLは、エレベーターやセキュリティシステムと連携した「WHILL自動運転システム」の実証実験を三菱電機、Liquidと共同で開始した。

IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発 画像
自動車 テクノロジー

IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発

Momoとビッグローブは、無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携する統合的除排雪システムの、2019年8月からの販売に向けて協業を開始すると発表した。

三菱電機、車載システム向け多層防御技術を開発 コネクテッドカーの安全・安心を実現 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機、車載システム向け多層防御技術を開発 コネクテッドカーの安全・安心を実現

三菱電機は1月22日、車載情報機器の多層防御機能を強化し、不正ソフトウエアによる車両制御への攻撃を検知・防御する「車載システム向け多層防御技術」を開発したと発表した。

三菱電機、「気が利く自然なHMI技術」を開発 AI技術で安全・快適な運転を支援 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機、「気が利く自然なHMI技術」を開発 AI技術で安全・快適な運転を支援

三菱電機は1月22日、同社AI技術「Maisart(マイサート)」を活用して、自動車の運転を支援する「気が利く自然なHMI技術」を開発したと発表した。

CASE領域で三菱電機ならではの特徴を…CES 2019 画像
自動車 ニューモデル

CASE領域で三菱電機ならではの特徴を…CES 2019

三菱電機は、アメリカ・ラスベガスで開催されたCESに出展し、同社のCASEへの取り組みをアピールした。取材に応じた同社 専務執行役 自動車機器事業本部長の井口功氏は、「我々のアドバンテージを活かし、特徴のある取り組みをしたい」と強調した。

三菱電機の次世代運転支援技術コンセプト、『EMIRAI4』に2019年型…CES 2019で発表へ 画像
エコカー

三菱電機の次世代運転支援技術コンセプト、『EMIRAI4』に2019年型…CES 2019で発表へ

三菱電機は12月20日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー、『EMIRAI4』(イーミライフォー)の2019年モデルを初公開すると発表した。

曲面カラーTFT液晶モジュール、三菱電機が開発…平面液晶と同等の視認性を確保 画像
自動車 テクノロジー

曲面カラーTFT液晶モジュール、三菱電機が開発…平面液晶と同等の視認性を確保

三菱電機は11月26日、耐環境性と内装に高いデザイン性が求められる自動車などの表示機器向けに、平面形状と同等の高い視認性と色鮮やかな表示を実現した曲面カラーTFT液晶モジュール(凹型)を開発、量産化技術を確立したと発表した。

三菱電機とドコモ、5Gの端末を搭載した自動車で通信速度27Gbpsの大容量通信に成功 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機とドコモ、5Gの端末を搭載した自動車で通信速度27Gbpsの大容量通信に成功

三菱電機とNTTドコモは、28GHzを用いて第5世代移動通信方式(5G)向けに開発した超多素子アンテナシステムを使って16ビーム空間多重処理を行うことで、屋外実験で通信距離10mで端末1台の通信速度27Gbps、100mで通信速度25Gbpsに世界で初めて成功した。

未来の駐車システム「自動バレーパーキング」実証実験、JARIが東京・台場で開催 画像
自動車 テクノロジー

未来の駐車システム「自動バレーパーキング」実証実験、JARIが東京・台場で開催

日本自動車研究所(JARI)は11月14~15日、今後の自動運転実現 に向けた活用ケースとして開発を進めてきた「自動バレーバーキング機能実証実験」をデックス東京ビーチ(東京都港区)駐車場で実施する。13日にその模様を報道陣に公開した。

三菱電機、EVバッテリー活用のエネルギーマネジメント技術開発…電力コスト5%削減 画像
自動車 ビジネス

三菱電機、EVバッテリー活用のエネルギーマネジメント技術開発…電力コスト5%削減

三菱電機は10月25日、電気自動車(EV)の使用状況に合わせた充放電の最適化によりビルや工場などの電力コストを5%削減できるエネルギーマネジメント技術を開発したと発表した。11月から中国にあるグループ会社の工場内で実証実験を開始するという。

サウンドコンペティターかく語りき…
自動車 テクノロジー

サウンドコンペティターかく語りき…"DIATONE"だからこその魅力とは Part1

カーオーディオにはいろいろな楽しみ方がある。手頃なスピーカーに交換してライトに良い音を満喫したり、低音を効かせたパワフルサウンドに身を委ねたり、ハイエンドシステムを組んでとことん理想の音を追求したり…。

グラスコクピット化を極めた三菱電機 EMIRAI4 に「乗る」…CEATEC 2018 画像
自動車 ビジネス

グラスコクピット化を極めた三菱電機 EMIRAI4 に「乗る」…CEATEC 2018

次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー『EMIRAI4』(イーミライフォー)を展示すると聞いて、ブースの隅から隅まで探してみたけど、そんなコンセプトカーはなかった。それもそのはず、EMIRAI4 は実車展示ではなく、VR乗車体験だった。(CEATEC JAPAN 2018)

三菱電機、モービルマッピングシステムの新製品発表 自動運転向け高精度3Dマップ作成に貢献 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機、モービルマッピングシステムの新製品発表 自動運転向け高精度3Dマップ作成に貢献

三菱電機は、自動運転向け3次元地図作成やインフラ管理などに活用できる三菱モービルマッピングシステム(MMS)の新製品「MMS-G」を12月25日に発売すると発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 21