三菱自動車、災害時に電動車を提供 岡山県・倉敷市・総社市と協力協定締結

三菱自動車、岡山県・倉敷市・総社市と災害時協力協定を締結
  • 三菱自動車、岡山県・倉敷市・総社市と災害時協力協定を締結
  • 平成30年7月豪雨(7月9日、岡山県倉敷市)
  • 平成30年7月豪雨(7月8日、岡山県倉敷市)
  • 平成30年7月豪雨(7月9日、岡山県倉敷市)
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、岡山県、倉敷市)
  • 平成30年7月豪雨(7月8日、岡山県倉敷市)

三菱自動車は10月4日、岡山県、倉敷市、総社市とそれぞれ災害時協力協定を締結した。

災害時協力協定の締結は、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できるプラグインハイブリッド電気自動車『アウトランダーPHEV』などの電動車をタイムリーに被災地・避難所等へ届けることが目的だ。

三菱自動車では、2022年度を目標として、全国の自治体と災害時協力協定を締結する「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進している。京都府や静岡県、札幌市と既に協定を結んでおり、今回、その一環として、岡山県、倉敷市、総社市と災害時協力協定を締結。主力工場の一つ、水島製作所が立地する岡山県でも災害時の協力体制を強化する。

三菱自動車では、今年9月の台風15号で大規模停電が発生した千葉県内の福祉施設などに計12台のアウトランダーPHEVを貸し出し、生活家電への給電等を支援。今後も災害発生時の速やかな支援活動を継続していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集