ダイムラーの新開発EV大型トラック、実証テスト…2021年から量産へ

ダイムラー eカスケーダ
  • ダイムラー eカスケーダ
  • ダイムラー eカスケーダ
  • ダイムラー eカスケーダ

ダイムラー(Daimler Trucks)は8月22日、新開発のEV大型トラックを、米国の顧客に引き渡し、実証テストを開始すると発表した。

この新開発のEV大型トラックは、ダイムラー傘下のフレートライナーブランドの「カスケーダ」がベースだ。車名は『eカスケーダ』を名乗る。

eカスケーダには、最大出力730hpを発生するモーターを搭載する。バッテリーは蓄電容量550kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電での航続は、最大400kmに到達する。バッテリーは容量の8割(約320km走行分)を充電するなら、90分以内に済む。

eカスケーダは、2021年から量産を開始する予定だ。それに先駆け今回、ダイムラーはペンスキー・トラック・リーシング社とNFI インダストリーズ社の2社に、最初のeカスケーダを引き渡した。米国で実証テストを行い、量産に向けて、実用性を確認していく。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 運転席がない! ボルボの自動運転EVトラック、荷物を運ぶテストへ 画像 運転席がない! ボルボの自動運転EVトラック、荷物を運ぶテストへ
  • 1台がバス、トラック、ゴミ収集車に変身---自動運転EVコンセプトをスカニアが発表[動画] 画像 1台がバス、トラック、ゴミ収集車に変身---自動運転EVコンセプトをスカニアが発表[動画]
  • 6万台のトラックがつながる…UDトラックスのスマートロジスティクス 画像 6万台のトラックがつながる…UDトラックスのスマートロジスティクス
  • 三菱ふそうのEV小型トラック『eキャンター』、北陸地域に初納車 画像 三菱ふそうのEV小型トラック『eキャンター』、北陸地域に初納車

特集