AE86フェスティバル、8月25日に岡山国際サーキットで開催 約300台が集結

ファイナルパレード
  • ファイナルパレード
  • 頭文字Dパレードラン
  • AE86同乗体験走行
  • N2 AE86
  • AE86チューニングカー王者決定戦 NAクラス
  • AE86チューニングカー王者決定戦 ターボ・エンジンスワップクラス
  • チャレンジクラス 走行会
  • 駐車場

岡山国際サーキットは、トヨタ『カローラレビン』と『スプリンタートレノ』(型式:AE86またはAE85)のみを集めたイベント「AE86フェスティバル2019」を8月25日に開催する。

AE86フェスティバルは、2000年にTIサーキット英田(現:岡山国際サーキット)で開催されていた地方選手権レースの併催イベントとしてスタート。年々多くの来場者を集め、2011年からは単独イベントとして独立、今年で開催20回を迎える。

当日は数多くのイベントを実施するが、中でも注目は開始当初から開催されているエキシビションレース「チューニングカー王者決定戦」。1年に1度、このイベントに出場するためだけに車を仕上げるというユーザーも多く同イベントの目玉となっている。ほかにも、改造範囲の大きいレース専用のAE86によるエキシビションレース「AE86 岡山N2 バトル」も計画。80年代のレースシーンが甦るような迫力ある走行が期待される。

このほか、AE86ユーザーによるサーキット走行や模擬レース、AE86レース車両によるサーキット同乗走行体験(参加条件/人数制限有)、AE86関連ショップによる車両展示やパーツ・グッズ販売、じゃんけん大会などを予定している。

またイベントのフィナーレには、恒例の参加者全員(AE86以外の車両も可)によるサーキットコースパレードを開催。AE86だけで300台近くを集めることから、イベントの名物として来場者から人気を博している。

入場料金は当日券が一般(男性)2500円、女性1500円、SC会員2000円。前売り券は2300円で7月20日よりローソンチケットで発売する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集