横浜ゴム、米国スバルからサプライヤーアワードを受賞…インプレッサ向けOEタイヤ

スバル・インプレッサUS仕様
  • スバル・インプレッサUS仕様
  • スバル・インプレッサUS仕様
  • インプレッサに装着されたAVID S34P
  • 表彰式の様子

横浜ゴムは7月1日、米国タイヤ販売子会社であるヨコハマタイヤコーポレーション(YTC)がSUBARU(スバル)の米国生産子会社であるSubaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)より、サプライヤーアワードの「Excellent Performance Award」を受賞したと発表した。

今回の受賞は、SIAが生産する『インプレッサ』向けの新車装着(OE)用タイヤ「AVID S34P」の供給にて、同社が求める安全性、品質、コスト、納期における目標を達成したことが評価されたもの。

AVID S34Pは北米市場で販売している乗用車用タイヤ「AVID」に横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術を採用して開発。突然の降雪への対応も想定しており、タイヤサイドには「M+S(マッド+スノー)」が打刻。優れた走行性能と安全性能を実現しながら低燃費性能も高めている。

YTCは横浜ゴム初の北米におけるタイヤ生産販売拠点として1969年に設立され、今年50周年を迎える。現在は販売子会社として乗用車用タイヤ、小型トラック用タイヤ、トラック・バス用タイヤ、建設車両・産業車両用タイヤなどを販売している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集