スバル、WRX STI で12年目のニュル24時間 6度目のクラス優勝をめざす

SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019
  • SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019
  • SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、6月20日から23日にかけてドイツで開催される「第46回ニュルブルクリンク24時間レース」に、『WRX STI』をベースとする車両で参戦する。

スバルSTIの参戦は、2008年以来12年目。今年も2.0リットル以下のターボエンジン搭載車クラス「SP3T」に参戦し、同クラスで6度目の優勝を目指す。

参戦マシン「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019」は、世界一過酷と言われるコースで勝利をおさめるため、昨年以上の性能向上を目指して改良。フリクション軽減によるエンジン性能向上をはじめ、ローギヤ化とステップ比の見直し、軽量クラッチの採用、ジオメトリの最適化、エアロパーツのアップデートなどを行った。

チーム総監督はSTIの辰己英治が担当。ドライバーは、カルロ・ヴァン・ダム(オランダ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)、井口卓人(日本)と、昨年と同じ布陣で挑む。また今年も全国スバル販売店から選抜された8名のメカニックがチームに参加し、レースをサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集