日産 リーフe+、受注が8000台超え…欧州発売半年で

日産リーフe+(欧州仕様)
  • 日産リーフe+(欧州仕様)
  • 日産リーフe+(欧州仕様)
  • 日産リーフe+(欧州仕様)
  • 日産リーフe+(欧州仕様)

日産自動車の欧州部門は6月18日、『リーフe+』(Nissan Leaf e+)受注台数が、発売からおよそ半年で8000台を超えた、と発表した。

リーフe+には、新開発EVパワートレインを採用し、パフォーマンスと航続を向上させているのが特徴だ。「e+」の名称は、エネルギー密度が増したバッテリーと、よりパワフルなパワートレインに由来する。日産によると、欧州仕様車の航続は、最大385km(WLTP計測)を実現しているという。

リーフe+は、最大出力217ps、最大トルク34.7kgmを発生するモーターを搭載する。これにより、高速走行時の加速性能を大きく向上させているという。例えば、80km/hから100km/hへの加速時間はおよそ15%短縮し、高速道路の合流や追い越しシーンにおいて、よりスムーズなドライビングを可能にした。最高速もおよそ10%引き上げている。また、リーフe+のバッテリーは、エネルギー密度を約25%向上させた。室内空間やデザインを犠牲にすることなく、容量を55%向上させている。

内外装は専用デザインとした。フロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツを追加し、充電ポートに「e+」ロゴを配した。インテリアはシートやドアトリム、ステアリングホイールなどにブルーのステッチを採用している。

このリーフe+の欧州での受注台数が、2019年1月の発売からおよそ半年で8000台を超えた。リーフは2018年、欧州全体で4万台以上を販売し、欧州で最も売れたEVになっている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ルノーのコンパクトEV、『ゾエ』新型を発表…航続1.3倍に 画像 ルノーのコンパクトEV、『ゾエ』新型を発表…航続1.3倍に
  • プジョー 208 新型のEV仕様、『e-208』…受注をフランスで開始 画像 プジョー 208 新型のEV仕様、『e-208』…受注をフランスで開始
  • ホンダ e、EV専用プラットフォームを発表…前後重量配分は50対50 画像 ホンダ e、EV専用プラットフォームを発表…前後重量配分は50対50
  • トヨタ、2020年に超小型EVを日本市場に投入…立ち乗りEVも 画像 トヨタ、2020年に超小型EVを日本市場に投入…立ち乗りEVも

特集

おすすめのニュース