ジャガー XJ、7月にも生産終了の噂…51年の歴史あるモデル、後継はEVか

自動車 ニューモデル 新型車
最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
  • 最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
  • 最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
  • 最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
  • 最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
ジャガーのフラッグシップサルーン、『XJ』が今夏にも生産終了する可能性があることを英Autocar誌が伝えている。

「XJ」の歴史は1968年、それまでの『Sタイプ』『420』『240/340』後継モデルとなる『XJ6シリーズI』から始まった。

当時ロールス・ロイスをも凌ぐ快適性や4ドアセダンの常識を覆す運動性能をあわせ持ち、高い評価を得たモデルだ。その後改良を加えながらも丸眼四灯デザインを継承していたが、2009年ついに伝統のフロントマスクと決別。薄くシャープなヘッドライトやスポーティなメッシュグリルを採用する「X351系」へ大胆な若返りを図った。

また4年前には、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載し、メルセデスベンツ『Sクラス』やBMW『7シリーズ』、アウディ『A7』に対抗したが、2018年には欧州で1,099台、米国では2017年の2,721台から1,579台へと減少が止まっておらず、最終的決断が下された可能性がある。

同誌の調べでは、今夏7月にも最終ユニット・ラインがロールオフされ、生産終了となる見通しだ。

しかし、XJの終わりがジャガーの終わりではない。最新情報によると、すでに後継モデルの開発に着手しているといい、そのモデルは90kWh、または100kWhのバッテリーパックを搭載、最大200psの電気モーターを4基使用するEVになるという。

また4ドアセダンではなく、ハッチゲートを持つ5ドアになることも予想され、ライバルは「Sクラス」や「7シリーズ」から、テスラ『モデルS』やポルシェ『タイカン』へシフトされると予想される。

名車ジャガーXJ、7月にも生産終了か!? 51年の歴史に幕...後継モデルはEVに

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「セダンの復権」願い叶わず、マークX 改名15年で退場[新聞ウォッチ] 画像 「セダンの復権」願い叶わず、マークX 改名15年で退場[新聞ウォッチ]
  • RVブームの火付け役、三菱『パジェロ』が国内販売を8月に終了…最終モデル発売 画像 RVブームの火付け役、三菱『パジェロ』が国内販売を8月に終了…最終モデル発売
  • 【ジャガー XJ】初代の血脈は受け継がれたのか? 50年の歴史を辿り、いざパリへ 画像 【ジャガー XJ】初代の血脈は受け継がれたのか? 50年の歴史を辿り、いざパリへ
  • VWの新型SUVか?謎の開発車両の正体を予想する 画像 VWの新型SUVか?謎の開発車両の正体を予想する

特集