125ccスクーター ヤマハ NMAX、カラーリング変更へ

ヤマハ NMAX(ホワイトメタリック6)
  • ヤマハ NMAX(ホワイトメタリック6)
  • ヤマハ NMAX(マットグレーメタリック3)
  • ヤマハ NMAX(ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)
  • ヤマハ NMAX(ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)
  • ヤマハ NMAX(ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)
  • ヤマハ NMAX(ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)
  • ヤマハ NMAX(ホワイトメタリック6)
  • ヤマハ NMAX(ホワイトメタリック6)

ヤマハ発動機は、原付二種スクーター『NMAX ABS』のカラーリングを変更し、6月28日より発売する。

NMAX ABSは、「Global Prestige City Commuter」をコンセプトに、『TMAX』や『XMAX』など、MAXシリーズのスタイルと走りの良さを125ccクラスに展開したモデルだ。

2019年モデルでは、「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」は、MAXシリーズを象徴するブーメラン形状のサイドカバーやホイールなどのコンポーネントをブラックに変更し、アクティブなシティコミューターを表現。高級感と遊び心を演出する「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」は継続販売する。

価格は据え置きの35万1000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集