最優秀鉄道車両に小田急70000形GSE…ブルーリボン賞・ローレル賞選定 2019年

2019年「ブルーリボン賞」に輝いた小田急70000形GSE。
  • 2019年「ブルーリボン賞」に輝いた小田急70000形GSE。
  • 小田急70000形GSE
  • 小田急70000形GSE
  • 小田急70000形GSE
  • 小田急70000形GSE
  • 2019年ローレル賞に輝いた相鉄20000系。
  • 相鉄20000系
  • 相鉄20000系

鉄道友の会は5月23日、2019年の「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表した。ブルーリボン賞には小田急電鉄(小田急)70000形が、ローレル賞には相模鉄道(相鉄)20000系と叡山電鉄(叡電)デオ730形「ひえい」が選定されている。

1958年に制定されたブルーリボン賞は、鉄道友の会の選考委員会が最優秀とした車両へ授与する賞。1961年に制定されたローレル賞は、選考委員会が選んだ候補車両を会員の投票結果を参考に選考委員会が審議し、優秀と認めた車両へ授与する賞。

選定候補はともに前年1月1日~12月31日に国内で運行を開始した営業用の新形式車両またはそれに準じる改造車両で、今回の選定では10形式が候補となっていた。

小田急車のブルーリボン賞受賞は2009年の60000形(MSE)以来、叡電車のローレル賞受賞は1998年のデオ900形以来で、相鉄車は両賞通して初の受賞となった。

ブルーリボン賞を受賞した70000形は2018年3月にデビュー。「優雅さ」を表す「Graceful」を用いたGSE(「Graceful Super Express」の略)の愛称で親しまれており、赤をベースにしたスタイリッシュな車体が大きな特徴。2005年にデビューした50000形(VSE)以来の展望席も設置されている。

選定理由にはこれらの点が挙げられており、「最新の設備・技術を惜しみなく導入してユニバーサルデザインの積極推進や環境負荷の低減を図るなど、現代の鉄道車両のトレンドリーダーにふさわしい極めて高い完成度に仕上げられている」ことが評価された。

ローレル賞を受賞した相鉄20000系は、2022年度下期に開業する予定の相鉄・東急直通線(羽沢横浜国大~日吉)に対応した新型車両で、2018年2月に先行デビューした。車体色に「ヨコハマ・ネイビーブルー」と呼ばれる濃紺色が採用され、立体的でインパクトのあるデザインで通勤型車両のイメージを打ち破ろうとする意欲的な車両となっている。

ローレル賞の選定ではこの点が評価されており、「共通化という前提の下で限られた独自性を見出す車両が増加する中にあって、明確なコンセプトを策定した後に共通化に対応させるという意欲を鮮明に打ち出した車両」であることが選定理由に挙げられている。

相鉄20000系とともにローレル賞を受賞した叡電デオ730形「ひえい」は、鞍馬線用のデオ900形「きらら」に続いて2018年3月にデビューした叡山本線用の観光列車で、比叡山や琵琶湖へ向かう観光の足となっている。

楕円をモチーフにした独特の車体が特徴で、「叡山本線にも新たなデザインの特別料金不要な観光列車を定着させて国内外からの来訪者に対応し、同時に沿線の通勤通学輸送に潤いをもたらすよう貢献している」点が評価された。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 『SLやまぐち号』客車がブルーリボン賞に…SL列車を永続的に運行する取組みを評価 画像 『SLやまぐち号』客車がブルーリボン賞に…SL列車を永続的に運行する取組みを評価
  • 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など 画像 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など
  • E6系のローレル賞受賞式典、秋田駅で開催…11月8日 画像 E6系のローレル賞受賞式典、秋田駅で開催…11月8日
  • 福井鉄道、北府駅で「FUKURAM」のローレル賞受賞式など開催…10月13日 画像 福井鉄道、北府駅で「FUKURAM」のローレル賞受賞式など開催…10月13日

特集